「7つの原因別にみる!食欲不振に効果的な厳選アロマ」

kerdkanno / Pixabay

「最近食欲がないな。」と感じていませんか?

食欲不振を放置しておくと、あなたの体は栄養不足になり、体重が減り、元気が出なくなってしまいます。

しまいには、栄養失調になり、様々な病気を引き起こす危険性があります。

そんな食欲不振を改善する方法として、意外と知られていないのがアロマです。

アロマは、ただいい匂いを嗅いで、気分を良くするものではありません。

日本では1980年代からアロマが本格的に導入され、まだまだ歴史は浅いですが、アロマの本場であるフランスでは、1960年代から「メディカルアロマテラピー」という分野が確立され、 医師の資格を持った者にしかアロマの処方は許されておらず、医療保険も適応されています。

世界に目を向ければ、それだけアロマの効果は、重要視されています。

それだけあって、体に作用するための、きちんとした科学的根拠も証明されています。

また、食欲不振には原因が様々ですが、今回は、食欲不振の原因別にアプローチする、厳選アロマをご紹介していきます。

 

 

 

 

 

1.アロマが人の体に作用する3つのメカニズムとは?

1-1.鼻から脳へ作用アロマ

鼻から吸い込んだアロマの香りの分子は、 鼻の奥にある嗅上皮(きゅうじょうひ)という粘膜に付着し、溶け込みます。

この嗅上皮にキャッチされた香りの情報は、脳の大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)という部位に直接到達します。

大脳辺縁系とは、睡眠や食欲などの人の本能に基づく行動や、 喜怒哀楽などの情緒行動を支配している部位です。

また、記憶とも密接に関係しています。

このため、香りを嗅ぐと感情が湧き上がったり、過去の記憶が瞬時に蘇ったりしてきます。

さらに、香りの情報は、脳の大脳辺縁系から視床下部(ししょうかぶ)へと伝えられます。

視床下部は、自律神経系や内分泌系(ホルモン)、免疫系をコントロールする、司令塔の役割を担っています。

自律神経とは呼吸や心臓の動き、消化など、無意識のうちに行われている機能を、調節するための神経です。

自律神経は、交感神経と副交感神経に分けられます。

無題
交感神経とは、活動している、緊張している、ストレスを感じている場合に働き、副交感神経は、体を回復している、休息、リラックスしている時に働きます。

この交感神経と副交感神経は、シーソーの様にお互いにバランスを取り合っていますが、体調の変化などでそのバランスが崩れ、 どちらか一方が、常に強い状態になってしまうと、体の様々な部分の調節が、上手くとれなくなってしまうのです。

アロマの香りは、自律神経などの司令を司る視床下部に作用しますので、アロマの香りを嗅ぐと、自律神経やホルモンバランスの乱れが整ったり、免疫力が高まりまるのです。

このように鼻から入った香りは脳を経て、全身の機能に影響を及ぼします。

 

02

出典:西東社 アロマテラピーの基本辞典

 

 

1-2.肺から作用するアロマ

香りを鼻から吸い込むと、脳に刺激が伝わるだけではなく、同時に、香りの分子は、喉や気管の粘膜からも吸収されます。

そして、吸収された香りの分子の働きで、 たんが過剰に出るのが抑えられたり、咳を沈められます。

さらに、気道を通った香りの分子は、肺に入って行きます。

その後、肺胞(はいほう)という肺の末端の部分にまで達し、わずかな量の香りの分子が、肺胞の血管に入ります。

そして、血流にのって全身を駆け巡り、各器官を活性化させるのです。

ちなみに、必要がなくなった香りの分子は、腎臓でろ過され、尿として排泄されます。

03

出典:西東社 アロマテラピーの基本辞典

 

 

1-3.皮膚から作用するアロマ

香りの分子は、マッサージなどで体に塗ることで、皮膚から吸収されます。

皮膚の表面には表皮があり、真皮(しんぴ)、皮下組織と続きます。

表皮にある角質層には、バリア機能があるため、物質を通しにくい性質があります。

ところが、アロマの香りの分子は小さいため、表皮を通過し真皮まで到達しやすいのです。

このため、アロマの香りの分子は、皮膚に直接作用することが可能になります。

真皮まで到達した香りの分子は、さらに皮下組織の中にある血管に入り込み、全身をめぐります。

そうすることで、血液の流れを促して老廃物を除去したり、全身の機能を活性化させたりします。

 

04

出典:西東社 アロマテラピーの基本辞典

 

 

 

2.アロマオイルの活用方法

2-1.芳香法

空気中にアロマの香りを漂わせて、その香りをかぐのが芳香浴です。

芳香浴は、鼻か脳へ作用する経路をたどり、全身へ作用します。

芳香浴を行う方法としは、

ディフーザー
超音波などでアロマオイルを霧状にして、空気中に拡散させる器具を使用する方法。

マグカップを使用
マグカップにお湯を入れ、アロマオイルを2~3滴たらし、香りを含んだ蒸気を漂わせる方法。

ティッシュペーパーやハンカチ使用
ティッシュペーパーやハンカチにアロマオイルを2~3滴たらし、鼻に近づけてかぐ方法。

アロマ入浴
湯を張った浴槽にアロマオイルを入れて、入浴する方法です。

鼻から吸い込んだ香りが脳、肺から全身へめぐる経路と、皮膚から吸収され、全身をめぐる経路からの効果がありますので、芳香浴よりも高い効果が得られます。

アロマオイルは、直接肌につけると刺激が高いので、必ず植物油とアロマオイルを希釈して使用して下さい。

植物油は、オリーブオイルやグレープシードオイル、ホホバオイル、スイートアーモンドオイルなどを使用して下さい。

 

 

2-2.マッサージ

アロマテラピーの中でも最も効果を実感しやすいのが、マッサージです。

皮膚から吸収され、全身をめぐる経路と、鼻から脳、全身をめぐる経路からの効果があります。

さらに、マッサージによって血液循環が促され、心身ともにリラックスできる効果があります。

マッサージ用のオイルを作る際には、必ずアロマオイルを、植物油で希釈して使用して下さい。

 

 

2-3.湿布

植物油10mlにアロマオイルを1~2滴混ぜたものを、お湯か水に浸したタオルをよく絞って、症状のある場所にのせます。

温湿布は、便秘、下痢、風邪、腰痛、肩こりに効果的です。

冷湿布は、頭痛、筋肉痛、日焼けなどに効果的です。

それでは、具体的に効果的なアロマオイルをご紹介していきましょう。

 

 

 

3.食欲不振全般に効果的なアロマオイル

ペパーミント:
メントール系の香りが、消化器系に特に強く働きかけます

マンダリン:
消化を促して食欲を刺激する作用があります。
腸に溜まったガスの排出にも有効です。

ライム:
消化液の分泌を促して、食欲を増進させる役割があります。

オレンジ・スイート:
胃の働きを整えて活発な活動を促します。
食欲増進、便秘ケアにも用いられます。

レモン:
食欲を増進させたり、腸内のガスを排出させたり、 消化器系バランスを取り戻したい時に有効です。

スペアミント:
ペパーミントよりもマイルで甘い香りです。
吐き気を押さえ、消化器系を活性化し、強化する作用があります。

 

 

 

4.食欲不振の原因別にみる効果的なアロマオイル

食欲不振といってもその原因は様々です。

こちらでは、食欲不振の原因となっている症状に、効果的なアロマオイルをご紹介していきます。

4-1.睡眠不足に効果的なアロマ6選

ラベンダー:
フローラルで軽い爽やかな甘い香りで、 心地よい眠りを促す働きがあります。

ローズウッド:
精神の高ぶりを鎮め、穏やかにする作用があります。

ベルガモット:
穏やかでバランスのとれた精神状態に導き、睡眠を促します。

ゼラニウム:
ホルモン分泌や自律神経のバランスを調整することで、
眠りを促します。

ネロリ:
不安や恐怖を和らげてリラックスさせ、幸福感をもたらします。

カモミール・ローマン:
りんごのように甘く、フルーティーな香りで、心地の良い眠りを促します。

不眠の時は、芳香法やアロマ入浴がおすすめです。

 

 

4-2.二日酔いに効果的なアロマ3選

スペアミント:
吐き気を抑え、二日酔いを改善させます。

ゼラニウム:
ほのかにローズを思わせる甘い香りが特徴で、二日酔いによる吐き気に効果的です。

ネロリ:
体を活性化させる作用があります。
また、消化を促うながす作用がありますので、飲み過ぎによる胃の不快感を解消してれます。

飲み過ぎの時は、
芳香法や首筋のマッサージがおすすめです。

 

 

4-3.食べ過ぎに効果的なアロマ5選

スペアミント:
胃の周りの筋肉をリラックスさせ、消化器系を活性化し、強くさせる働きがあります。

ネロリ:
消化を促してくれる作用があります。
ストレスが原因の食べ過ぎにも効果的です。

ライム:
消化液の分泌を促して、食欲を増進させる働きがあります。

レモン:
食欲を増進させたり、消化器系のバランスを取り戻したい時に効果があります。

ベルガモット:
消化器系に働きかけ、胃の動きを促し、食欲を増進させますので、食べすぎによる胃もたれなどに効果的です。

食べ過ぎの時は、アロマ入浴、芳香浴、腹部のマッサージがおすすめです。

 

 

4-4.便秘に効果的なアロマ4選

ペパーミント:
消化器系に強く働きかけ、便秘の改善に役立ちます。

オレンジ・スイート:
胃腸の痙攣を抑える自然薬として、古くから利用されてきました。
消化器系に作用して、腸の働きを整えて活発な活動を促します。

マンダリン:
腸に溜まったガスを排出するのに効果的です。

ベルガモット:
穏やかに排便を促す作用があり、腸内に溜まったガスを排出して、腸の働きを整えます。

便秘の時は、腹部の湿布、腹部マッサージがおすすめです。

 

 

4-5.下痢に効果的なアロマ3選

ペパーミント:
清涼感のあふれる強いメントール香りで、消化器系に強く働きかけます。

カモミール・ローマン:
精神的なストレスが原因に下痢に効果的です。

マージョラム・スイート:
不安やストレスを緩和する作用があります。
また、ギリシャでは薬草として幅広く使用されていました。
精神的なストレスが原因の下痢の他にも、風邪、感染症による下痢にも効果的です。

下痢の時は、腹部の湿布、アロマ入浴がおすすめです。

 

 

4-6.ストレス過剰に効果的なアロマ5選

ネロリ:
慢性的な不安感や、ふさいだ気分などを軽くして、ストレスを取り去ってくれます。

レモングラス:
精神的に疲れている時に、爽やかな香りが心を刺激して、元気な状態に導いてくれます。

オレンジ・スイート:
心の疲れや不安、イライラを解消し、安定した精神状態に導きます。

ラベンダー:
副交感神経に作用して、自律神経のバランスを整えます。
心を正しい状態に導きます。

カモミール・ローマン:
高ぶっている精神を鎮め動揺を抑え、精神状態を安静に導きます。

ストレスが過剰な時は、マッサージ、芳香法、アロマ入浴、芳香法がおすすめです。

 

 

4-7.うつ病などの精神疾患に効果的アロマ7選

オレンジ・スイート:
前向きで明るい気持ちに導きます。
パニック障害には使用されるケースが多いです。

ゼラニウム:
不安や無気力状態を和らげ、心を落ち着いた状態に導きます。
特に、更年期の不安定な気持ちをケアしたい時に役立ちます。

ベルガモット:
「自然から得られる抗うつ剤」と呼ばれるほどで、抑圧された感情と、漠然とした不安から心を解放し、穏やかでバランスのとれた精神状態に導いてくれます。

ラベンダー:
うつ気味な時は心を癒すように、 怒りやイライラで高ぶっている時は、 気持ちを鎮めるように作用します。

カモミール・ローマン:
神経系に作用するハーブとしての歴史は非常に古く、更年期のトラブルや、子供のかんしゃくを鎮める作用があります。

イランイラン:
怒りや不安、ショック、恐怖といった感情を落ち着かせます。
パニックになった時に冷静さを取り戻させたり、高ぶった神経を鎮めます。

ネロリ:
ヒステリーやショックを受けた時には、気持ちを落ち着かせる作用があります。

精神疾患の時は、アロマ入浴、芳香法、マッサージがおすすめです。

 

 

 

5.まとめ

食欲不振に効果的なアロマをご紹介してきました。

食欲不振といっても原因は様々で、アロマの効能も様々です。

原因を探らず、アロマを使用しても十分な効果を得られなかったり、逆効果になったりする場合があるので、注意して選びましょう。

あなたの食欲不振の原因を知り、効果的なアロマを選び、ぜひ、健康的な生活を取り戻しましょう。

 

 

 


あわせて読みたい


食欲不振の症状と原因とは?!東洋医学と西洋医学でできる2つの行動

「7つの原因別にみる!食欲不振に効果的な厳選アロマ」

浅い呼吸をしていると慢性疲労は解消しない?呼吸と疲労の関係

もしかして病気かも?!肺に圧迫感を感じる3つの原因と改善方法

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA