食欲不振の症状と原因とは?!東洋医学と西洋医学でできる2つの行動

PublicDomainPictures / Pixabay

最近、ご飯を食べたくない、食欲がないと悩んでいる。

食欲不振の原因は色々考えられます。

病気は誰もがなりたくないもの。

調子が悪くなってから病院へ行ったり、インターネットで調べて不安になった経験はありませんか。

日ごろから気を付けて生活習慣を見直す事も大切です。

 

 

1.症状

食事が進まない症状は、「食べたい気持ちはあるけれども食べられない」や「食べたい気持ちが起こらない、あまりない」という状態で、とくに「食べたい気持ち(体やこころの欲求)があまりない」場合は、「食欲低下」「食欲減退」「食欲不振」「食思不振」などの場合があります。

食べ物を食べないようになるので倦怠感 、頭痛めまい貧血吐き気などの症状が出ることもあります。

「とても疲れたので食事が進まなかった」「悲しいことがあって食事が進まなかった」というような、一時的な出来事は多くの人が経験しあまり問題は無いと思います。

食欲不振は急に発症する事はほとんどありません。

夏バテや日ごろのストレス、生活の乱れなどで表れてきます。

他にも、睡眠不足でも発症する事があります。

これは、体が弱っており、空腹時にはアドレナリンが分泌しやすいと言う事が理由として挙げられます。

ただし、数日以上にわたり「食事が進まない」、「食べたくない」、「気持ち悪い」など症状が続く場合は、何らかの病気によるものである可能性が高くなってきます。

また、食事が十分にとれない状態が続くことで、体に悪影響をおよぼす可能性も出てきます。

すぐに病院へ行きましょう。

 

 

 

2.原因

2-1.日常生活が原因

人間の体は自律神経によってコントロールされており、呼吸や体温調整、心拍や血圧、そして内臓の機能も意識しなくても勝手に調整してくれています。

この自律神経のバランスが乱れることによって、食欲中枢が正常に機能しなくなってしまうのです。

睡眠不足…脳は食欲を制御するので食欲不振になります。
運動不足…運動量が少ないと、一日に消費するエネルギーは低下します。
飲み過ぎ…肝機能の低下、消化器官の炎症を引き起こし食欲不振の原因となります。
食べ過ぎ…とくに、フライ物などの油の多い食事を続けると、胃液が過剰に分泌される状態の胃酸過多になります。
いわゆる胸焼けの状態となり、食欲不振の原因になります。
便秘・下痢…便秘や下痢が続くと、食欲不振の大きな要素と考えられます。
ストレス過剰…仕事のやりすぎ、悩み、なども食欲不振の原因です。

 

2-2.病気が原因

胃腸や肝臓、胆のう、膵臓などの消化器に炎症や潰瘍、腫瘍などの疾患が起きたときや、胃下垂・胃腸虚弱により機能が低下したときに食欲が低下しやすくなります。

消化器以外では、さまざまな臓器の悪性腫瘍、心不全、腎障害、甲状腺機能低下症、 脳出血などの脳の疾患、風邪やインフルエンザなどの感染症の他に、神経性食欲低下やうつ病などの精神的な疾患など、多くの疾患が食欲不振の原因となります。

 

3.東洋医学と西洋医学のアプローチ

東洋医学は「体全体と局所を診てバランスをとる」ことや「予防して、治療して、再発させない」3原則を基本にしています。

体質と病態と病気をみて総合的に判断すると言われています。

西洋医学は、分析的な手法を用い、科学的な分析、エビデンスをもとに行っており、気を診て「体の一部を専門的に診る」、病気の原因となる菌やウイルスを殺すことや、患部を標的にする限定的な手法であると言われています。

どちらが優れているという優劣をつけることに意味はなく、どちらも大切な医学です。

大切なのは病気や体質、病態に対してどの方法を選んで治療を進めるかというところです。

 

3-1.処方箋

病院へ行ってもらえる薬は胃薬、胃酸を抑える薬、漢方薬などが初回は処方されます。

初診では重要視してくれないケースもあります。

よほどの大きな症状が出ていない限りは、胃薬程度と思ってもよいでしょう。

あとは、生活習慣を整えることで、薬を飲まずに改善されることもあります。

それでも症状が良くならない時はドクターと相談し、良い対処方法を決めていきます。

 

3-2.漢方薬

漢方薬は自然の材料を使用するから副作用が無く、安全であると誤解している人がいます。

これは西洋医学と対比してという意味で、ここ数十年の間に広まったものです。

漢方薬も、西洋薬も同じ薬で、治し方が違うだけです。

東洋医学では「毒をもって毒を制す」という考えがあり、猛毒を含む天然物は無数に存在し、漢方薬でもそのような原料が用いられています(例えば附子=トリカブト)。

また、毒性がないとされるものでも、薬になるものは、使い方次第で「」にもなります。

きちんとした機関から処方される漢方薬は安全です。

厳重な管理をされ、危険な成分を含む漢方薬は、医薬品として処方できなくなっています。

漢方薬といえども全て中国などから情報を仕入れている訳ではなく、日本独自で研究している分野も多く、より安全で効果を高めることが重視されています。

なので、自分で中国から買い付けたものを服用したり、個人輸入したりしたものを使うのはやめてください。

漢方薬は医薬品です。

勝手な思い込みで使用すると、大事故に繋がる可能性があります。

 

4.2つの行動

食欲不振の原因は、大きく2種類にわけられます。

まずは生活習慣の乱れからくるもの、そして病気です。

まずは、自分の食欲不振の原因が何なのかを考え、それぞれに適切な対応をしなければいけません。

4-1.生活習慣の改善

生活習慣による病気は、遺伝的な要因もありますが、食生活や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどが深く関わっています。

言いかえれば、普段の生活習慣を見直し、生活習慣を改善することにより、病気を予防し、症状が軽いうちに治すことも可能なのです。

【適度な運動】
まずは今より10分多くからだを動かすことから始めましょう。10分歩くと約1000歩!

【禁煙
多くの有害物質を含むたばこは、がんをはじめ、健康にさまざまな悪影響をもたらします。また煙の害は喫煙者のみならず、周囲にいる人にも及びます。

【塩分は控えめに
塩分は、1日男性9g未満、女性7.5g未満の摂取が適量です。高血圧や動脈硬化を予防するためにも、塩分控えめの食事を心がけましょう。また、すでに高血圧が疑われる人は、1日6g未満にしましょう。

【脂っぽい食事を避ける】
油を使った食事はなるべく控えましょう。肉類は「下ゆで」や「湯通し」するなど、調理法にも工夫しましょう。

【野菜を摂る】
野菜に含まれる食物繊維には、コレステロール値を低下させる働きがあります。なるべく1日に350g以上とりましょう。

【規則正しい睡眠で十分な休養
睡眠には、疲れた身体をリラックスさせ、疲労を回復させる効果があります。同じ時間に寝て、同じ時間に起きる。体内には体内時計があり、睡眠のタイミング決めるだけでなく、前もってホルモン分泌や生理的活動を調節し、睡眠に備えているからです。そして、これらは意志の力ではコントロールできないのです。規則正しい睡眠は、体内時計を整え、そこにプログラムされている睡眠を円滑にする秘訣といえます。

【ストレス解消】
ストレスを感じると ⇒ 交感神経になり ⇒ 筋肉がかたく緊張する。それを逆に、筋肉をほぐすと ⇒ 副交感神経に切りかわり ⇒ 心も体もリラックス。マッサージをされて眠たくなった経験、ありませんか?これも、体がほぐれて副交感神経に切りかわったから、眠たくなったのです。体をほぐせば副交感神経に切りかわる、という証拠ですね。ただし、良いと書いていることを全て実践してしまうとそれもまたストレスや、他にも影響を及ぼすことになりますので出来ることから少しづつ行いましょう。

 

4-2.病気の早期発見

食欲不振が何日か続いているうえに、下痢気味、しかも吐き気があるような場合は、内臓器関係に異常が起きているサインと言われます。

症状が出る病気の中で、最も注意しなければいけないと言っても過言ではないのが、「胃がん」です。

胃がんは日本人が最も多くかかる癌として知られており、癌全体の死因で見た場合、男性の場合は大肺癌に次いで2位、女性の場合は大腸癌、肺癌に次いで3位となっています。

胃がんになってしまう原因としては、喫煙やアルコールの多量の摂取、塩っ辛いものの食べ過ぎやピロリ菌などが挙げられています。

胃がんの厄介なところは、早期には症状が見られないことです。

また、症状が出始めてからも、食思不振や悪心・嘔吐などの症状なので、他の胃の疾患との判別が難しいということです。

そういった症状を感じたら、まず自己判断をせずに、胃がんの可能性もあるので、病院に行き相談しましょう

 

 

 

5.まとめ

食欲不振はさまざまな原因によって発症します。

ただの食欲不振だからと言って軽視してしまうと、病気のサインを見逃してしまう可能性もあるので、食欲不振が起こったらまずは専門のドクターに診察をしてもらって下さい。

そこで処方された漢方などの薬で様子を見ます。

それでも改善されない場合は、他の病気が隠れているかも知れませんので、ドクターとよく相談し、的確な対処を行って下さい。

また病院で異常が見つからなかった場合には、普段の生活の中に、問題がある場合が多いです。

日常生活が原因の食欲不振は自分で解決することが出来ます。

生活習慣を見直して規則正しい生活を送ることで、食欲不振だけではなく、さまざまな症状を改善することも出来ます。

アレルギーや病気の兆候がない場合、まずは「体に食べ物を慣らす」イメージで、「消化に良いものを少しずつ」口にしましょう。

おかゆやうどんなどは消化もよく、エネルギーにもなりやすいので、病気による不調などにも適しています。

他にも、ビタミンやミネラルから補給すると、体が食べ物を受け付けやすくなります。

そういった意味では、果物を摂るということもおすすめです。

中でもパイナップルはビタミンA,Cが多く含まれており、ストレスと戦う正義の味方です。

そして酵素も沢山含まれており、新陳代謝や基礎代謝をアップするので、疲労回復効果があります。

また、酵素はタンパク質を分解してくれるので、胃や肝臓を助けてくれます。

どうしても食べ物を受け付けないという時は、カットされているパインなどを摂るようにしてみて下さい。

長年にわたる不規則な生活習慣によって引き起こされてしまう病気。

遺伝的要素はごくわずかで、食事や運動不足、ストレス、喫煙や過度の飲酒といった生活習慣の積み重ねによって起きることが明らかになっています。

自分では当たり前と思っていた習慣を改善しないでいると、将来取り返しのつかない事態を招きかねません。

生活習慣を改善し、健康な身体を手に入れましょう

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA