ブラの正しい知識を学んでバストアップを目指す!

fsHH / Pixabay

ちょっと最近、食べているワケでもないのに 太ったように感じることがあるなら、 もしかしたら、バストから流れた脂肪が 原因かもしれません。

また、薄手の洋服を着る季節になってくると、気になるのが背中のお肉です・・・。

とくに、ブラによる背中の食い込みは、 太って見えたり、年齢を感じさせたりする ことにつながってしまいます。

あなたは、ブラをどのように選んでいますか。

ブラの選び方や 正しいつけ方を知ることが大切です。

また、最近はバストを育てるブラ、 育乳ブラの人気が高まっているようですので、育乳ブラについても紹介していきます。

 

 

 

 

 

1.ブラとバストアップの関係

ブラのつけ方で、バストが変わるということを 知っていましたか。

正しい付け方をするだけで、 もしかしたらバストアップするかもしれません。

背中は自分では見えない場所だけに、 なかなか対処が難しい場所ですが、 鏡などでチェックしてみてください。

背中のお肉、気になるところはありませんでしたか。

その背中の無駄なお肉は、本来バストにあるべき脂肪かもしれません。

自分の体にフィットしたブラを使っていないと、バストは徐々に脇に流れて、 腕や背中の脂肪になってしまうそうです。

知らないうちにバストが流れてしまっていても、 ブラの正しいつけ方をすることで、 再びバストに呼び戻すことができます。

1-1.ブラの正しいつけ方

ブラをつける時は、ホックを止めてから前かがみになり、 ブラの脇から背中に手を差し入れて お肉をグッと胸のほうにもってきます。

そして、両手を使ってしっかりブラのカップに納め、 ワイヤーがしっかりお肉が流れ出るのを 防いでいるかチェックしてみてください。

こうして正しくブラをつけても、 動いているうちにどうしてもお肉が カップからはみ出してくるので、 日中も2~3回、背中のお肉をカップの中に戻しましょう。

毎日続けていると、徐々に背中のお肉が 少なくなっていることに気がつくはずです。

 

 

1-2.ブラ選びは慎重に

ブラを選ぶときのサイズ確認、どのようにしていますか。

今、実際に使っている下着のサイズをみたり、 アンダーとトップのサイズを測って、 その数字をもとに買っているかもしれません。

しかし、それでは本当に自分に合ったブラは買うことはできません。

ブラは、試着して買うのが基本です。

背中のお肉もカップに納めるため、 体型にもよりますが、ヌードサイズより 2カップほどアップすることも珍しくありません。

ですから、できるだけ試着をして、 バストはもちろん背中のお肉もしっかり カップに収まるか確かめてから、購入するとよいでしょう。

また、バストが流れるのを防ぐためにも、 ワイヤーがワキまでしっかり入っている ものを選ぶことも大切です。

 

 

1-3.二の腕もバストに変える

実際にやっている人が、 テレビで紹介されて大きな話題になったのが、 二の腕の脂肪をバストに変える方法です。

二の腕を胸のほうにさするマッサージをしている人も多いようです。

バストアップのためのポイントは、 まず二の腕の脂肪をしっかりもみほぐしてから 移動させるということです。

普通にさすっていると、リンパの流れは良くなって むくみを取ることにはつながるのですが、バストアップまでを期待することはできません。

二の腕を5分ほどしっかりもみほぐして、 脂肪を柔らかくしてから行ないましょう。

 

 

 

2.胸を育てるブラとは

少し前には、「寄せて上げる」ブラの人気がありましたが、 最近では少し変化があるようで、 胸を育てるブラの人気が高まっているようです。

この胸を育てるブラは、 外した途端にバストが横に流れてしまうブラではなく、 何もつけていない状態でも 美しいバストになることを目指した、 新たな機能を持つブラで、育乳ブラと呼ばれているそうです。

「育乳」は字の通り「胸を育てる」という意味で、 育乳ブラとは胸を育てるブラのことです。
胸を育てるため、今までのブラのように ブラを着けたときに「盛って・寄せて・上げる」だけでなく、 ブラを外した状態でも「盛って・寄せて・上げた状態をキープ」 できる状態にしてくれます。

ブラを外した途端に、 谷間がなくなることも必要なくなるとのことです。

すでにさまざまな下着ブランドから、 育乳ブラは販売されています。
「ブラを着けるだけでバストアップできるのかな・・・」 「それぐらいでバストアップできたら苦労はしないよね・・・」 と思ってしまいますが、 きちんとバストアップについて考えて作られた育乳ブラは、 やっぱりただのブラとは違うようです。

 

 

 

3.育乳ブラの3STEP

育乳ブラを使うことで、 ブラを外していても自信を持てるほどに美しく バストアップできるのはなぜなのでしょうか。

育乳の仕組みや効果の差は、 育乳ブラの種類によって若干異なりますが、 「育乳ブラ」でバストが大きくなる基本的な仕組みをみていきたいと思います。

3-1.バスト周辺の贅肉を寄せ集める

普通のブラよりも育乳ブラは 「バスト周辺の贅肉を寄せ集める力」が強力であるということです。

そして、「寄せ集めたあとにそこから流さない力」も 普通のブラより優れていると言われています。

そもそも胸は、ほとんどが脂肪と乳腺でできています。

この脂肪は、あちらこちらと流れていきやすいもののため、 ちゃんとケアをしていないと、 背中や脇にお腹にと流れてしまいます。

結果的にバストサイズが小さくなるだけでなく、 スタイルの崩れにまでつながってしまうことになります。

そのため流れてしまった脂肪を またバストへとよせ集めつつ、 ほかの部分へ流れないように包み込む 育乳ブラの効果はバストアップだけでなく、 スタイルアップにもつながります。

普通のブラは「寄せて・上げる」ことに集中して、 圧をかけすぎるために、胸が潰され、 大きくなるのを妨げてしまうこともあるようです。

一方、育乳ブラは きちんと寄せ集めたお肉を集めて入れられるように 余裕をもった構造になっているため、 育てるのに適しているといえます。

 

 

3-2.バストの高さや幅などの位置を整える

育乳ブラは安定したホールド感がありますので、 普通のブラよりもしっかりとバストの位置を 正しい位置に留めてくれます。

例えば、離れ気味であれば 体の中心に寄せるように位置づけてくれますし、 垂れ気味であれば、上へ上へと脂肪の位置を誘導してくれるようなイメージです。

自然に横や下へと流れてしまっていた脂肪が 胸の中心に集まるとともに、 正しい位置に収まるように整えてくれるため、 意識していなくてもバストアップできる仕組みになっています。

 

 

3-3.バストの丸みをキレイに整える

一般的なブラは、 バストを圧縮して「寄せて・上げる」ことに 重点を置いているものが多くあります。

それは、つまり胸が不自然に押し潰されていることになってしまい、 そのせいで丸みがなくなってしまったり、 左右で胸のサイズに違いが出てしまうことにつながってしまいます。

一方、育乳ブラは丸みがなく潰れてしまっているバストや 胸のサイズの違いを整えてくれるため、 潰れたバストに丸みをもたせるように サポートしてくれることにより、 バストアップにつながることになります。

 

 

 

4. 育乳ブラの他のメリット

育乳ブラは、バストアップを意識して 作られているブラですが、他のメリットもあります。

その1つが、姿勢がよくなることです。

姿勢の悪さによって血行が悪くなることから胸の成長を妨げてしまうことや、 姿勢が悪いためにさらに胸が小さく、 下向きに見えてしまうことがあります。

育乳ブラはこの点も着目していて、 肩甲骨に圧をかけることにより、 姿勢を整える働きを、持たせるような構造をとっています。

また、一般のブラとの値段を比較すると、 育乳ブラはそれよりも少し値段は上がるものの、 高価な補正下着や矯正下着と比べると リーズナブルな値段になっています。

バストアップとともに姿勢も良くなるのであれば、 試してみても損はないかもしれません。

 

 

 

5.効果を上げるために必要なこと

ブラを選ぶ際には、試着して買うことが基本です。

ブラは身体に合っていることが必要だからです。

育乳ブラも同じです。

今までお伝えしてきた内容をみていただいてわかるように 身体に合わないと効果が出ません。

ですから、育乳ブラを購入するときには、 身体にフィットしたものを選ぶようにしましょう。

中には、フリーサイズのものもあります。

購入するのには便利かもしれませんが、 実際の効果となると、本当に自分に合ったものを 購入できるかを考えると、難しいのではないかと思います。

いろいろなサイズの人、例えば、 Aカップの人とEカップの人が同じブラを着けるとしたらどうでしょうか。

全ての商品がそうだとは限りませんが、 どちらかが無理をした構造になっている可能性は 十分ありますので、選ぶ際には注意してください。

 

 

 

6.まとめ

バストアップに役立つブラの選び方や 正しいつけ方を紹介してきました。

また、バストを育てるブラ、育乳ブラについても紹介してきました。

育乳ブラは、バスト周辺の贅肉を寄せ集めることや、 バストの高さや幅などの位置を整えること、 バストの丸みをキレイに整えることに 注目して開発されています。

さらに、肩甲骨に圧をかけることにより、 姿勢を整える働きを持っているというのも嬉しいです。

育乳ブラをつかうにしても、補正下着をつかうにしても、 どのようなブラを使うときにも覚えていてほしいのは、 選ぶときには、試着して買うことが基本だということです。

ぜひ、自分の身体に合うブラをみつけてください。

 

 

 


あわせて読みたい


1回3分の習慣で効果抜群!目からウロコのバストアップ運動

胸を大きくしたい!バストアップに有効な食事10選

顔のたるみ解消!リフトアップクリームの賢い選び方

即効!毎日たった5分間!簡単セルフエステで小顔美人を作る方法

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA