ダイエットに効果的な飲み物5選!知っておきたい飲み方のコツとは?

Larisa-K / Pixabay

ダイエットをしているけど、思うように体重が落ちないのであれば、日々の飲み物をダイエット効果が期待できるものに変えてみませんか?

食事のカロリーを気にしているという方はいても、 飲み物のカロリーまで気にしているという方は少ないようです。

飲み物の中にはカロリーが高いものもあり、 知らず知らずの内に飲み続けていると、 摂取カロリーが大きくなる可能性があります。

ですから、飲み物のカロリーは気をつけておいて損はありません。

逆に、カロリーが低い飲み物や、 ダイエットサポートに役立つ飲み物に変えていけば、 あなたのダイエットが成功するかもしれませんよね。

意外と身近にあるダイエットに効果的な飲み物を、日々の生活でほんの少し意識して取り入れていけば、 ダイエット生活がより楽になる可能性は否定できません。

飲み物の中には、空腹を紛らわせてくれたり、 満足感や満腹感を満たしてくれるものもあります。

そんな驚きの効果が期待できる飲み物を、 適切なタイミングで飲むということを続けていけば、 ダイエットの効率を高めてくれるかもしれませんよね。

そこで今回は、ダイエットに効果的な飲み物の中でも、生活に取り入れやすいという点に注目していくつか厳選してみました。

合わせて、どのタイミングで飲むと一番効果が期待できるのか、 といった、知っておきたい「飲み方のコツ」もご紹介します。

ぜひ、ダイエットを成功させるための参考にしてみて下さい。

 

 

 

1.飲み物を変えるだけでダイエット効果が期待できる?

「ダイエットするぞ!」と意気込んではみるものの、食事制限や運動は続けるのはツラいですよね。

・毎日筋トレをするつもりが3日で止めてしまう、
・毎日ジョギングをするつもりが雨が降ると走らない、
・食べたい物を我慢して低カロリーの食事をしていたが続かずにドカ食いをしてしまう、
・甘い食べ物の誘惑に耐え続けるのがツラい、
・ダイエットを経験したことがある方なら、
こういう悩みを一度は感じたことがあるのではないでしょうか?

そんなツラい食事制限や、慣れない運動が続かないという方でも、 日々の飲み物を少し意識して変えていけば、ダイエットの強い味方になってくれるかもしれません。

そう言いますのも、飲み物の種類や飲み方次第では、 ダイエット中の強い空腹感やストレスを軽減してくれるかもしれないからです。

ダイエットをしていると、 食べたい物を食べられないことでストレスが溜まり、かえって暴飲暴食に繋がってしまうかもしれませんよね。

そこで、ダイエットに効果的と言われる飲み物を取り入れていけば、 ダイエット中のストレスが軽減されると言われているのです。

私達が普段飲んでいる飲み物の中には、 「飲むと食べ過ぎを予防してくれる飲み物」や、 「脂肪燃焼を促進してくれる飲み物」など、 あなたのツラいダイエットをサポートしてくれるものがあります。

まずは、どんな飲み物がダイエットに効果的なのか、 そのあたりについて見ていきましょう。

 

 

 

2.ダイエットに効果的な飲み物とは?2つのポイントをご紹介

ダイエットに効果的と言われている飲み物には、2つのポイントがあります。

それは「低カロリーであること」と、 「ダイエットサポートが期待できること」の2つです。

ダイエットに励んでいる方は、この2つのポイントを押さえている飲み物を選ぶと良いでしょう。

ここでは、「低カロリーな飲み物」と、「ダイエットサポートが期待できる飲み物」が、 ダイエットにどのような効果をもたらしてくれるのかについて詳しくお伝えしていきます。

 

2-1.低カロリーな飲み物

ダイエットと言えば、「カロリー制限」が思い浮かぶのではありませんか?

摂取カロリーを抑えていけば、ダイエットが効率よくできるということで、 高カロリーな食事を制限したりしますよね。

他にも、カロリーを燃焼させるために、ウォーキングやジョギング、筋トレなどの運動をしますよね。

ダイエットを成功させるために、摂取カロリーを抑えるのは基本だとも言われています。

ですから「高カロリー」と聞くと、 それだけで「太る」というイメージを持たれているかもしれませんね。

では、そもそも「カロリー」とは何でしょうか?

カロリーは悪者のように扱われていますが、 詳しく知っている方は少ないように感じられます。

そもそもカロリーとは、「体内で発生した熱量」の単位です。

様々な食品には「カロリー」が記載されていますが、 食事そのものに含まれているわけではありません。

食事には糖質やタンパク質、脂質といった「栄養素」が含まれています。

この栄養素が体内で消化吸収されて、 燃焼されることでエネルギーになります。

そのエネルギー量が「カロリー」というわけです。

ですから、食事そのものがカロリーと直接結びついているわけでないということですね。

そして、人間は体を動かすためにカロリーを消費しています。

これが「基礎代謝」と呼ばれるもので、 1日中ゴロゴロしていても、動かなくても消費されるエネルギーです。

この基礎代謝を上回るカロリーが体内で生まれた場合、 「脂肪」として体に蓄えられます。

脂肪が多く蓄えられると、「肥満」になってしまいますよね。

ですから、ダイエットを成功させるためには、 基礎代謝を上回るカロリーを体内に置いておかないために、 食事を制限してカロリーが体に残らないようにしたり、 運動して体内のカロリーをエネルギーとして消費したりする必要があると考えられますね。

そして、もちろん飲み物にも栄養があり、摂取するとカロリーが生まれます。

ですから、低カロリーな飲み物がダイエットには効果的と言われているのです。

ジュースや甘い炭酸飲料などには、大量の砂糖が含まれていますので、 カロリーが多く作られてしまいます。

これを、低カロリーな飲み物に変えれば、体内で生まれるカロリーが抑えられるというわけです。

ダイエットをしているというのであれば、 売られている飲み物には、カロリーの表記があるので、 しっかり確認してから飲むようにしたいですね。

 

2-2.ダイエットサポートが期待できる飲み物

世の中にたくさんある飲み物の中には、 「飲むと脂肪燃焼効果が期待できるもの」や、 「腸内環境を整えて便秘を解消に役立つもの」、「食前に飲むとお腹を膨らませる働きによって自然に食欲を抑えてくれるもの」など、あなたのダイエットをサポートしてくれるものがあると言われています。

例えば、ミネラルウォーター1つをとっても、
・エネルギー燃焼の働きをサポートしてくれる」
・胃腸を刺激して便通を良くしてくれる
・老廃物の排泄を促し、デトックス効果を促進してくれる
・体に必要な栄養やミネラルを摂取できるので満足感がある
・血糖値を下げる効果が期待できる
・脂肪が溜まりにくいようにサポートしてくれる効果が期待できる
このようなダイエットにとって必要なメリットがあると言われています。

ですから、こういったメリットを持つ飲み物を、あなたの生活に上手に取り入れることで、 予想以上のダイエットの効果を得ることができると考えられますよね。

では、ダイエットに効果的な飲み物をいくつか選んでみたので、 次の項目でご紹介しています。

 

 

 

3.ダイエットに効果的な飲み物5選

ここではダイエットに効果的と言われる飲み物を、全部で5つ厳選してご紹介していきます。

「低カロリー」と「ダイエットサポート」という2つのポイントを重視して、できるだけ手に入りやすいもので選んでみました。

ぜひ、あなたの生活に取り入れてみてください。

 

3-1.水

私達にもっとも身近な飲み物と言えば「水」ですよね。

TVや雑誌でモデルさんがダイエットの秘訣として、「水を1日2リットル飲んでいます」と答えているのを見かけたことがありませんか?

水は「カロリーが無い」という点で、ダイエットに効果的と言われています。

私達人間の体の7割は「水」で出来ています。

ですが、「むくみ」や「水太り」が気になって、 水分をあまり摂取しないようにしているという方もいるため、 日本人は水分が足りていない人が多いそうです。

水分が足りなくなると、 脳梗塞や熱中症などの事故を起こしやすくなる可能性があるため、 厚生労働省が「健康のためにお水を飲もう」と推進しているほどです。

ですから、健康とダイエットのためには、 水を飲んだほうが良いというわけですね。

とはいうものの、やはりむくみや水太りが気になるという方もおられるでしょう。

結論から言うと、きちんとした摂取方法を守れば、 水を多くのんだからと言って、むくみや水太りは起こらないそうです。

そこで、ダイエットで水を活用する時のポイントをご紹介します。

・「軟水」よりもミネラルが豊富な「硬水」を選ぶ
・最もダイエットに効果的な摂取量「体重の4%」を毎日摂取する
・一度に大量ではなく少量をこまめに摂取する
・目安量以上は飲まない
・冷たい水ではなく「常温」か「白湯」にして飲む

日本人は口当たりが良く、飲みやすい「軟水」を好みますが、 ダイエット目的で水を飲む場合は、 ミネラルが豊富で飲み応えのある「硬水」がオススメです。

しかし、飲みにくいことを続けても続かない可能性があるので、飲み慣れている軟水から初めてみる方が良いでしょう。

軟水で水を飲むことが習慣になり、 慣れてきたら、硬水にかえてみましょう。

硬水のミネラルウォーターも種類がかなりたくさんありますので、 いろいろ自分で飲んでみて「合う」か「合わない」か、を試してみると、 意外と自分に合うものが見つかるかもしれません。

ただし、硬水の中には、ミネラルの多さから胃腸に負担をかけるものや、下痢になりやすいものもありますので、 いきなり大量に摂取するのではなく、少量ずつ試していくことをオススメします。

そして、ダイエットに水が効果的と言われる理由は、
・血液の流れを良くして細胞が活性化されて代謝が上がる
・胃腸を刺激するので便秘が解消されやすくなる
・汗や尿の排出を促すためデトックス効果が期待できる
・血液循環やデトックスによって体温が上がる
これらが挙げられています。

水は手軽に手に入るため習慣化しやすく、 継続してダイエットのために取り入れやすいと考えられます。

まずは、あなたが飲みやすい水を見つけてみて、 1日に「体重の4%(50kgの人で2リットル)」を目安にして、 少量をこまめに摂取することから始めてみてはいかがでしょうか?

 

3-2.炭酸水

「炭酸水を飲むだけで痩せる」「炭酸水を飲むと美容に良い」 このような話を一度は耳にしたことがありませんか?

女性の間で「炭酸水ダイエット」として人気になっていると言われています。

しかしながら、なぜ飲むだけでダイエット効果が期待できたり、 美容に良いと言われるのでしょうか?

それは「食前に炭酸水を飲むと満足感が得られるから」と言われています。

実際に、炭酸水を飲んでみると、 普通の水を飲むよりも満足感があると感じたことはありませんか?

これは、炭酸水に含まれる炭酸ガスによって、胃が膨れるためと言われています。

そして、この作用を利用することで、 食欲を抑えたり、食べる量を抑えたりすることが可能になります。

他にも炭酸水にはメリットが有り、
・胃腸を刺激するので便秘の改善が期待できる
・血管を拡張して血流を改善する
・血流が良くなる際に、ランニング相当のエネルギーが消費される
このようなことから、 ダイエット効果が期待できるというわけですね。

炭酸水ダイエットのやり方はいたって簡単で、ステップ1 300ml~500mlの炭酸水を用意する  ステップ2 食事の30分前からゆっくりと時間をかけて飲む

食前に炭酸水を飲むことで、食欲を抑えたり、 食べる量を抑えることも可能と言われていますので、 基本的に摂取するタイミングは「食前」ということを覚えておくと良いでしょう。

そして、一気にゴクゴクと飲んでしまうよりも、 少量をゆっくり、時間をかけて飲むほうが、効果が得やすいと言われているので、食前の習慣にしてみてはいかがでしょうか?

簡単で試しやすい炭酸水ダイエットですが、 実践するにあたって注意点がいくつかあります。

まず、必ず「無糖」のものを選ぶことです。

糖分が含まれていると、 それだけカロリーを摂取することになるので、 無糖の炭酸水で行うようにしてくださいね。

次に、炭酸水の摂取量は多すぎても少なすぎても、 効果が得られにくくなると言われています。

1回に100ml程度では、胃腸が程よく刺激されて、逆に食欲が増してしまう可能性があります。

一方で、一度に大量に炭酸水を摂取すると、 「炭酸酩酊」といって酔っ払ったような状態になり、胃腸を壊してしまう可能性があります。

「300ml~500mlも飲めない!」という場合は、 飲める可能な量から初めて、少量ずつを30分以上、 ゆっくりと時間をかけて飲んでみてください。

そして、キンキンに冷やしすぎた炭酸水は爽快感がありますが、 内臓を急激に冷やしてしまい、血流が悪くなって太りやすい体質になると言われていますので、 「常温」の炭酸水を飲むことをオススメします。

まとめますと、「常温で無糖の炭酸水を、食前に30分程時間をかけてゆっくり飲む」ということです。

あなたのお気に入りの炭酸水を見つけて、 食前に習慣として飲んでみてはいかがでしょうか?

 

3-3.コーヒー

食後のコーヒーが手放せない、 コーヒーを飲むと集中力が上がる、 コーヒーを飲むとリラックスできる、 このような方も多いのではないでしょうか?

コーヒーはいまや世界で最も飲まれている飲料と言われています。

コーヒーには「カフェイン」という成分が含まれていて、 眠気が覚めたり、集中力がでたりといったメリットがあります。

そして、このカフェインはダイエットに有効な作用があると言われています。

そもそもカフェインとは「アルカロイド」という化合物で、 摂取すると、「覚醒効果」や「解熱鎮痛作用」があると言われています。

そして、「消化酵素の働きを促進させる効果」があるので、 食べたものを消化してくれる酵素を活発にしてくれます。

他にも、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」という成分は、 「脂肪の分解を促進する働き」を持っています。

「消化酵素の働きを促進させる効果」と、 「脂肪の分解を促進する働き」の2つにより、 コーヒーはダイエットに効果的と言われているのです。

さらにカフェインには、
・尿を排出しやすくなる「利尿作用」
・血管を広げ血流を良くする「血管拡張作用」
があり、この2つの作用によって、 ダイエットの大敵といわれる「冷え」や「むくみ」を解消してくれると言われています。

そうなれば、 ダイエットに効果的なコーヒーを、有効に活用しない手はありませんよね。

では、コーヒーでダイエットをする際の注意点をご紹介します。

・砂糖やミルクを入れない「ブラックコーヒー」で飲むこと
・運動をする場合はカフェインの効果が最も現れる「飲んでから30分後」に行うとより効果的
・リラックス効果と満腹感が得られるので、食後の「何か物足りない時」に飲むと効果的
・缶コーヒーやインスタントコーヒーもそれなりに効果はあるが、できればドリップコーヒーが望ましい
・間食したくなった時に飲むと満腹感が得られるので、無駄な間食を避けることが可能
・カフェインには覚醒作用があるので夜眠れなくなる可能性があるので飲み過ぎに注意(1日に5杯まで)

以上の点を踏まえて、 ブラックコーヒーをあなたのダイエット生活に活用してみてくださいね。

 

3-4.ココア

ココアには健康に良い様々な効能があると言われていて、 ダイエット効果も期待できる飲み物と言われています。

「コーヒーは苦手だけどココアなら飲める」という方であれば、ココアのダイエット効果や健康に良い効能を利用しない手はありません。

ココアには甘い加糖のものと無糖の「ピュアココア」があり、 「ピュアココア」の方がダイエットに効果的と言われています。

「ココアは太る」というイメージを持たれている方もおられるかもしれませんが、 ココアを作る時に砂糖や牛乳を入れることによって太ってしまうと言われています。

ココア自体のカロリーはそんなに高くなく、 大さじ1杯でわずか16kcal程度なので、 砂糖や牛乳を控えれば低カロリーな飲みものになると考えられますね。

ココアのダイエット効果について見ていきましょう。

・ストレス解消とリラックス効果

ダイエットをしていると、どうしても食べたいというストレスによって、イライラしてしまいがちになりますが、 ココアを飲むことで、このイライラを抑えてくれると言われています。

これは、ココアに脳内物質である「セロトニン」の分泌を促進する働きがあるからです。

セロトニンとは人間が「幸福感」や「達成感」を感じた時に分泌される脳内物質で、別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

つまり、ココアを飲むことで幸福感が得られやすくなるので、 イライラやストレスが軽減され、ツラいダイエットのサポートが期待できるというわけです。

・便秘改善

ココアには「リグナン」という食物繊維が含まれています。

食物繊維には「腸内環境を整える効果」がありますので、便秘の改善に繋がる可能性があります。

そして、リグナンには腸内のにおい成分を吸収してくれる効果もあるため、 便のにおいを抑える働きもあると言われています。

さらに、ココアに含まれている「カカオプロテイン」というタンパク質は、小腸で吸収されない「難消化性」という特徴があります。

どういうことかといいますと、 小腸で吸収されずに、大腸にそのまま送られるため、 便の量が増え、結果便通が良くなる効果が期待できるというわけです。

・冷え性改善

ココアって少し苦味がありますよね。

これは、カカオに含まれている「デオプロミン」という成分によるものです。

デオプロミンには「血流を良くする働き」があるため、 冷え性の原因の1つである「血行不良」を予防したり、改善したりといった効果が期待できます。

冷え性が改善されると、 摂取したエネルギーを効率よく燃やして使うことができるので、 基礎代謝を上げる効果が期待できると言われています。

このように、様々なダイエット効果が期待できるココアですが、飲むタイミングによって効果が大きくなると言われています。

食前に飲めば「食欲を抑える効果」が期待できますし、 食後に飲めば「体脂肪の蓄積を防ぐ効果」が期待できます。

朝起きてお腹が空いている時に飲めば、 冷えた体を温める効果が期待できますし、 便通を良くしてくれる効果も期待できます。

ココアは低カロリーですが、 飲みすぎてしまうとやはりカロリーのとり過ぎに繋がりますので、 ダイエット効果を期待するのであれば、 1日にカップ1杯~2杯までにしておく方が良いでしょう。

そして、やはり牛乳や砂糖がなければ飲めないという場合は、 牛乳よりもカロリーが低く、代謝に効果的なビタミンB群が多く含まれる「無調整豆乳」を使用したり、 砂糖よりも便秘解消に効果的と言われる「オリゴ糖」などを少量使用してもいいかもしれません。

飲みにくい物を我慢して飲み続けるのは、 返ってストレスにつながりかねませんからね。

あなたの生活に、ココアのダイエット効果を上手に取り入れてみてくださいね。

 

3-5.お茶類

お茶はたくさん種類がありますので、 中でもダイエットに効果的と言われるものをいくつかご紹介します。

■ 黒ウーロン茶

TVのCM などで良く「ダイエットに効果的」と言われている黒ウーロン茶ですが、 ウーロン茶が持っている「脂肪燃焼効果」を強くした飲み物と言われています。

食事の時に黒ウーロン茶を飲めば、 血中中性脂肪の上昇を押さえることができて、 体の外へ排出する脂肪の量を増やしてくれると言われています。

これは黒ウーロン茶に含まれる「ウーロン茶重合ポリフェノール」という成分によって、 本来、小腸で吸収される脂肪の量を抑える効果があるからと言われています。

脂っこい食事のお供に飲んでみると効果的と考えられますね。

1回の食事で350ml程度を飲むのが良いと言われていますので、 食事の際に取り入れてみてはいかがでしょうか?

■ マテ茶

マテ茶はコンビニやドラッグストアなどでよく見かけますよね。

通称「飲むサラダ」と言われるほど、 ダイエットや美容に効果が期待できると言われています。

マテ茶は、ブラジルやパラグアイ、アルゼンチンの南米大陸で生産されているお茶で、 古くから南米の住民に愛され続けている飲み物です。

南米の食生活は、日本よりも肉を3~4倍食べると言われているので、 コレステロールや脂肪の摂取量は非常に多いと考えられます。

マテ茶には、コレステロールや脂肪の吸収を抑える効果があるため、 古くから愛され続けているのかもしれませんね。

マテ茶は、食物繊維が豊富に含まれているので便通を良くする効果が期待できますし、 カルシウムや亜鉛、鉄分などの不足しがちなミネラルも摂取できます。

さらに、「ゲニポシド酸」という成分が、 コレステロールや脂質の吸収を抑える働きがあり、 内臓脂肪を減らす効果があると言われているので、 ダイエットサポートに適した飲み物と考えられますね。

食前や食中に飲むと効果的と言われているので、 ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

■ 杜仲茶

杜仲茶は、中国では五大漢方薬の1つとされていて、 健康を望む人々に愛されている飲み物です。

そして杜仲茶には、マテ茶と同じく「ゲニポシド酸」を含まれています。

1日にカップ5杯程飲むのが良いと言われていますので、 食事中の他に、運動の前や「喉が渇いたな」と感じた時の飲み物として活用すると良いでしょう。

■ 緑茶

私達日本人に最も身近な「緑茶」も、ダイエットに効果的と言われています。

緑茶に含まれる「カテキン」には、 「脂肪燃焼効果」と、「糖分の吸収を抑える効果」と 「腸内の悪玉菌を殺菌して腸内環境を整える効果」があると言われています。

他にも、緑茶に含まれる「カフェイン」には、 消化酵素の働きを促進する効果があるので、食べたものをしっかり消化してくれますし、 ダイエットの大敵である「むくみ」や「冷え性」を改善する効果が期待できます。

ですから、緑茶が食事のお供に愛され続けている理由とも考えられますよね。

脂肪燃焼効果が期待できるため、運動前に飲むのもオススメです。

■ ルイボスティー

健康や美容に敏感な人達に人気なのが「ルイボスティー」です。

ルイボスティーは様々な美容効果が期待できると言われていて、ダイエット効果も期待できると言われています。

ルイボスティーには「SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)」という抗酸化成分が含まれていて、体を酸化させる「活性酸素」の働きを抑えてくれる効果があると言われています。

活性酸素が体内で増え続けると、
・老化が早まる
・ガンになる確率が上がる
・動脈硬化や脳梗塞など血管系の病気の原因になる
このような危険な状態になる可能性があります。

ルイボスティーに含まれるSODが活性酸素の働きを抑えてくれるので、 毎日の健康維持にも活用できると考えられますよね。

さらに、新陳代謝を高める作用があると言われているので、 飲み続けることで、痩せやすい体質を目指すことも可能と考えられます。

ルイボスティーには便秘解消に効果的なマグネシウムも含まれていますので、 女性の悩みを解消してくれる強い味方とも言えますね。

毎日継続して1日に500CCを飲み続けるのが良いと言われていますので、 ぜひあなたの生活に取り入れて美容と健康を手に入れましょう。

 

 

 

4.知っておきたい飲み方のコツと注意点

ここまで、ダイエットに効果的と言われる飲み物を厳選してご紹介してきました。

飲み方は人によって様々と考えられますが、 全ての飲み物に共通して言える「知っておきたい飲み方」をご紹介します。

それは「冷たい飲み物ではなく、常温かホットで飲む」ということです。

冷たい飲み物は爽快感が得られて、スッキリするのですが、 じわじわ体を冷やしてしまうと考えられています。

そのため、体がエネルギーを効率よく使うことが難しくなるので、 「痩せにくい体」になる可能性は否定できません。

「冷え」や「むくみ」に繋がる可能性もあるので、 できれば常温かホットで飲むようにすることをオススメします。

そして、「飲み物だけ」でダイエットをすると、逆に栄養が足りなくなって、
・めまいやたちくらみ
・免疫力の低下
・我慢できずにドカ食いしてしまう
このようなデメリットも考えられます。

もし「飲み物だけ」でダイエットをするのであれば、 1日~2日ぐらいの短期間にしておくことをオススメします。

ダイエットに効果的な飲み物があるからといって食事をしないより、 しっかり栄養を摂取しながら、 ダイエットに効果的な飲み物を習慣的に摂取するのが1番望ましいと考えられるので、けっして無理はしないようにしてくださいね。

 

 

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか?

ダイエットは継続がツラいものですが、 ダイエットに効果的と言われる飲み物を上手に活用すれば、 知らず知らずの内に良い結果が出る可能性は否定できません。

カロリーが低く、ダイエットをサポートしてくれる効果がある飲み物を、 適切なタイミングで継続して摂取してみてください。

水や炭酸水、ブラックコーヒー、ピュアココア、お茶類は、 簡単に手に入りやすく、ダイエットサポートに適していると言われているので、 あなたの生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

飲み物のカロリーを気にするだけでも、 あなたの摂取カロリーを抑えることは十分可能と考えられます。

今回ご紹介した飲み物を片手に、今日から効率の良いダイエットをはじめてみませんか?

今回の記事があなたの健康に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 


あわせて読みたい


ダイエットで病気にならない体をつくる!

冷え性にはビタミンE!多く含む3つの食材とオススメの食べ方

症状別に分かる!あなたの膝が赤い原因の見つけ方

便秘は生活習慣を見直すと改善される

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA