脚のむくみが気になるときに試してみたい5つの方法

足_148~1

夕方になると脚のむくみが気になる方が多いようです。

体内の水分は、血管から細胞に栄養を届けた後、 老廃物を回収して、排泄されますが、 むくみがある状態は、それがうまく循環しておらず、圧力バランスを崩していることを示しています。

むくんだ状態のままにしておくと、体内の水が余分な脂肪や老廃物を回収して、 リンパ管に戻ることができなくなり、脂肪や老廃物が溜まってしまうことになります。

つまり、むくみの状態を放っておくと、脂肪がつくられやすい身体になってしまいます。

そうならないためにも脚のむくみの原因と、むくみの効果的な解消法についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

1.脚がむくむ原因

脚がむくむ原因とは何なのでしょうか。

脚のむくみの原因は塩分と水分になりますが、そのバランスが崩れるとむくみが出てきます。

リンパ液の流れが疲労やストレスなどで滞ると、間質液であるリンパ液がリンパ管に入ります。

リンパ液が正常に代謝されないと、余分な水分が皮膚の下に溜まります。

これが「むくみ」の状態です。

一般的にむくみの主な原因は、塩分のとりすぎ、冷え性、睡眠不脚、ホルモンバランスの乱れ、運動不脚、長時間座りっぱなし、立ちっぱなしで、リンパの流れ・代謝が悪い、運動不脚などがあります。

立ち仕事やデスクワークなど、常に同じ姿勢でいると脚はむくみやすくなります。

人間は起きているとき、立っているときはもちろんですが、座っているときも脚は下にあり、体内の塩分や水分は重力の影響を受けやすくなっています。

つまり、 重力の影響を受けやすい塩分や水分が脚に溜まりやすくなり、結果として、むくみが起きることになります。

慢性的に脚がむくんだり、痛みがある場合には、肝臓や腎臓の疾患、血管やリンパ管の疾患、貧血や妊娠中毒症などの病気がある可能性がありますので、注意が必要です。

次の項で脚のむくみを解消する方法を紹介しますが、 何をしてもむくみが改善されない、というような場合は、一度医療機関を受診したほうがよいでしょう。

このような病気にかかわるむくみは、脚が太くなる、脂肪がつきやすくなるだけでなく、大きな病気や障害につながることがあります。

例えば、老廃物が蓄積し、臨海点を超えると血管が詰まってしまい、動脈硬化を引き起こします。

この症状は、閉塞性動脈硬化症と言い、血流不脚になります。

進行すると脚に血液が届かず、脚が壊疽(えそ)を起こし、 脚を切断することになってしまうこともあります。

 

2.脚のむくみを解消する方法

脚のむくみの原因をみてきました。

むくみの原因は、運動不脚や塩分のとりすぎ、ふくらはぎの筋肉の低下などです。

これらの原因を取り除くことによって、むくみは軽減されます。

脚は心臓から遠い位置にありますから、静脈から心臓へ血液を戻すために使えるのは脚の筋肉になります。

脚の筋肉を鍛える運動やストレッチ、血行を良くするためのマッサージなどは効果的です。

また、塩分のとりすぎも影響しますので、塩辛い食べ物を控え、水分を多めにとるように心がけましょう。

同時に、塩分の排出を促すカリウムを積極的にとるとよいでしょう。

脚のむくみが気になるときに、自宅で気軽にできる脚のむくみを解消する方法を紹介していきます。

 

2-1.ツボ押し

脚には、むくみに効果的なツボがあります。

このツボを刺激することによりむくみの解消につながります。

ツボの場所は、あくまでも目安です。

個人個人の体格や体調によって、微妙に場所が異なりますし、ずれることもあるので、ツボ押し前には毎回場所を確認するようにしてください。

痛気持ちいい場所をみつけるとよいでしょう。

ツボを押すときには、力をいれればいいと言うわけではありません。

息を吐きながら押し、息を吸いながら指の力を抜きます。

指の力を抜くときはゆっくりと行い、手をツボから離さないようにするのがポイントです。

 

2-1-1.湧泉(ゆうせん)

【ツボの位置】
湧泉は、脚の裏にあります。
気力やパワーが泉のように湧くため、ここのツボが湧泉と名付けられたそうです。

・脚の裏の中指の下
・土踏まずの少し上
・脚指を内側に曲げた時に、くぼむところ
・くぼみは脚の裏の真ん中よりも上あたり

01

【効果】
湧泉は「万能のツボ」と言われており、脚のむくみだけでなく血流改善や筋肉の疲労回復、冷えなどにも効きます。
【押し方】
1.親指の腹で力を込めて湧泉を約3秒間押します。
2.親指の力を抜き同じく約3秒間待ちます。
3.両脚のツボをそれぞれ5回ほど押しましょう。

もし湧泉が押しにくい場合は、ツボ押し棒を使ったり、青竹踏みを使ってもよいでしょう。

ツボ押し棒を使えば、ピンポイントで力をかけることができます。

また、青竹踏みなら、踏むだけで湧泉を効果的に刺激してくれますし、全身の血行促進にも一役買ってくれます。

 

2-1-2.三陰交(さんいんこう)

【場所】
三陰交の場所は、脚の内くるぶし付近です。

・内側のくるぶしから指4本分ほど上
・筋肉と骨の境目
・押すと気持ち良さよりも、痛みを感じる場所

02

【効果】
下半身の血行改善を促すことから、むくみだけでなく冷えや生理痛、月経不順、便秘など女性が悩みがちなトラブルに作用します。

そのため、女性特有の悩みによく効くツボとして知られています。

【押し方】
1.床に座り、親指の腹を使って押します。
2.強く押しすぎないように気をつけながら、約5秒間押します。
3.ゆっくりと指の力を抜きます。
4.5回繰り返します。

 

2-2.薬

脚のむくみを解消するための市販薬があります。

『アンチスタックス』や『ラシックス』などが有名です。

これらの薬は、摂りすぎた水分や塩分(ナトリウム)を尿にかえて、体外に排出しやすくする働きがあります。

しかし、薬には副作用があるので、まずは病院を受診し、きちんと医師や薬剤師の指示のもと服用してください。

 

2-2-1.アンチスタックス

アンチスタックスは、薬剤師がいる薬局でのみ購入することが可能です。

有効成分は赤ブドウ葉乾燥エキス混合物で、血管強化(血管からしみ出る水分を減少させる)と、液促進(とどまる血流を活性化させる)で、脚のむくみの改善をするというメカニズムです。

 

2-2-2.ラシックス

ラシックスは、むくみの原因となる余分な水分を除去してくれる利尿剤です。

血液中にある老廃物や余分な水分を体外に排出する働きがあり、尿の量が増える事で、余分な水分を排出=むくみの原因を改善してくれます。

余分な水分や老廃物を除去する事で、ダイエット効果にも繋がるため、ダイエットの目的で購入する人もいるようです。

 

2-3.ストレッチや筋力アップ運動

ストレッチや筋力アップの運動なども効果的です。

筋力アップの運動といっても、難しく考えなくて大丈夫です。

脚の筋肉を使うことを意識して、つま先立ちや軽い屈伸運動などを行うことで十分です。

どうしてもストレッチや運動ができなかったときには、脚を高くして寝ることによって、むくみは随分解消されるます。

このとき、 脚は10~15cmくらい高くするとよいでしょう。

 

2-4.食事

塩辛い食べ物を控え、水を1日2リットルは飲むように心がけましょう。

また、塩分の排出を促す カリウムを積極的にとるようにしましょう。

食事で外食やコンビニ弁当などを食べることが多い人は、塩分をとりすぎてしまうことが多くあります。

日常的に食べている食材も、塩分を豊富に含むものは意外に多いので、なるべく薄味で和食中心にするなど、食生活を見直すことも大切です。

 

2-5.マッサージ

脚のむくみを解消するには、毎日のマッサージが効果的です。

マッサージは血行を良くするために役立つからです。

短い時間でもいいので、『毎日続ける』ことが大切です。

マッサージといっても大げさなことをするのではなく、 自宅で5分間行うだけです。
太ももから脚首まで全ての部位を合わせても、 5分間でできるマッサージです。

太もものマッサージ→2分
膝から脚の付け根に向かって両手で挟むようにさすります。

内もものマッサージ→1分
ももの肉を掴み、外側から内側へねじるように行います。

ふくらはぎのマッサージ→1分
手で包むように、脚首から上へ向かって行います。

・脚首のマッサージ→1分
右手と左手を少しずらして脚首を握ります。
両手の親指で円を描くようにマッサージします。

太ももは、リンパの流れが滞りやすく、 むくみやすい部分であるだけでなく、 余分な脂肪がつきやすいという特徴があります。

脚のむくみを解消するためには、 太もものつけ根(そけい部)にあるリンパ節からマッサージをして、 脚全体のリンパの流れを改善するイメージしながら、 マッサージしてみてください。

 

 

 

3.まとめ

脚のむくみの原因と、 むくみの効果的な解消法についてみてきました。

通常、体内の水分は、血管から細胞に栄養を届けた後、 老廃物を回収して、排泄されますが、むくみがあるときには、それがうまく循環できず、 むくみの症状が出てきてしまいます。

むくんだ状態のままにしておくと、 体内の水が余分な脂肪や老廃物を回収して、リンパ管に戻ることができなくなり、脂肪や老廃物が溜まってしまうことになります。

それを解消する方法として、ツボ押し、薬、運動、食事、マッサージを紹介してきました。

ツボ押し、マッサージなどは、短時間でも充分な効果が見込めますので、ぜひやってみてください。

脚がむくんでパンパンになったり、だるく重い感じがしたときには、早めに対処して、そのむくみを翌日まで引きずらないことが大切です。

また、何をしてもむくみが改善されないというような場合は、病気の症状のひとつとしてむくみが出ていることもありますので、医療機関を受診することをオススメします。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA