男性の更年期障害はいつ終わる?正しく対処すれば3年!

Unsplash / Pixabay

中高年男性にやる気が出ない、何もする気になれない、 夜中トイレに起きるようになった、朝立ちがなくなったなど、心身の不調が現れたら、 男性の更年期障害の可能性があります。

更年期障害は、 女性だけでなく男性にも起こる症状です。

原因はどちらも性ホルモンの低下です。

女性のような閉経後にホルモンのバランスが 大きく変化するといった明確な更年期が、 男性にはありません。

男性ホルモンは、 ゆるやかに減っていくためです。

男性の更年期の症状は、 年齢幅が40歳代後半から70歳代までと、 とても幅が広いという特徴があります。

しかしながら、 自分の心と体がいうことを聞かなくなり、 「老い」を感じる瞬間は訪れます。

その時、 どう対処するかで大きな違いが生じます。

泌尿器科やメンズヘルス外来を受診し、 専門医の適切な処方を受ける、 男性ホルモンを増やす運動をする、 サプリメントで不足するホルモンを補うといった 対処方法があります。

正しい対処をとらなければ、 男性の更年期障害は 一生続くこともあります。

一方、正しく対処すれば、 ほとんどの方が男性の更年期障害を 3年で克服しています。

ここでは、 男性の性更年期障害との正しい向き合い方を ご紹介します。

 

1.男性の更年期障害

女性の更年期障害は、 よく耳にします。

女性の更年期障害は、 閉経前後の40~60歳の間に起こります。

閉経期に女性ホルモンであるエストロゲンの量が減り、 自律神経に影響を及ぼし、さまざまな症状がでるのが 更年期障害です。

男性にも女性の 更年期障害に似た症状が存在します。

男性の更年期障害の多くは、男性ホルモンである テストステロンの減少に伴う病気です。

男性も30歳以降、 男性ホルモンであるテストステロンの分泌が減少し始め、 40歳代後半で症状が現れます。

ただし、 女性の場合と比べ分泌量の変化が穏やかであり、 閉経といった明らかな兆しもないため、 老化や疲労で済ませてしまうことが多いのです。

症状は自律神経失調症とほぼ同じです。

男性が更年期障害になると、 心身に次のような症状が現れます。

心の症状 体の症状
興味や意欲の喪失

眠れない

イライラ

不安

集中力の低下

記憶力の低下

憂鬱など

関節痛

筋肉痛

発汗・ほてり

疲れやすい

肥満

頻尿

性機能の低下など

男性の更年期障害の症状で、 最も深刻なのは、 興味や意欲の喪失です。

つまり、 やる気が低下し、気分が沈む、 うつ病の症状だからです。

40~50歳代といえば、 まさに働き盛りです。

職場でも家庭でも、 バリバリ働かなければいけない時期に 気力がなえてしまうのは、 人生にとって大きな損失です。

メンタルヘルスへの理解が深まり、 うつ病は心の風邪、 といわれるようになってきました。

しかしながら、 精神科受診のハードルはまだ高いといえます。

誰にも相談できないまま苦しんでいる人は、決して少なくないはずです。

うつ病を疑い、意を決して精神科を受診し、 抗うつ剤を処方されても 症状は改善しません。

抗うつ剤のなかには、男性ホルモンであるテストステロンを 下げるものもあるのです。

真逆の処方を受けていたということになります。

泌尿器科やメンズヘルス外来を受診し、 テストステロンの値を検査したところ、 実は男性の更年期障害であったという話も少なくありません。

テストステロンは、 脳からの指令を受けて精巣で作られ、 血液中に分泌されます。

テストステロンは次のような働きをしています。

精神面 身体面
やる気

判断力

決断力

 

筋肉や骨を強くする

性機能を正常に保つ

血液を作る働き

動脈硬化の予防

メタボの予防

つまり、 男性の更年期障害を改善するには、 男性ホルモンであるテストステロンの 不足を解消する必要があるのです。

 

2.チェック

男性ホルモンである、 テストステロンが減っているか、否かは、 次の3点で判断します。

・最近笑っていない
・新聞が読めなくなった
・よく眠れない

この3つの自覚症状がある人は、 男性の更年期障害の可能性が高いといえます。

この場合、AMS調査票(男性更年期障害質問表)で 自己チェックします。

具体的には、 各質問に当てはまる症状の程度をチェックし、 点数を合計します。

チェック項目 なし 軽い 中等度 重い 非常に重い
①肉体的・精神的健康状態の低下を感じる自覚症状がある
②関節痛や筋肉痛がある、腰痛、関節痛、手足の痛み、背中全体の痛みなど
③汗をよくかく、思いがけなく突然発汗する、緊張していないのにのぼせたりする
④睡眠障害がある、寝付けない、しばしば目が覚め疲れを感じる、睡眠不足、眠れない
⑤睡眠の欲求が強く、しばしば疲労感がある
⑥怒りっぽく、イライラする、小さなことですぐカッとなる、不機嫌になる
⑦神経過敏である、緊張感がある、落ち着かない
⑧不安・心配しやすい、パニックになりやすい
⑨身体的疲労感がある、活力不足である、能力全般の低下、活動の低下、余暇活動への興味の低下、無気力、達成感がない、何かをするのに無理に奮い立たせないとできない
⑩筋力が低下してきた、弱くなってきたと感じる
⑪憂うつ気味である、落ち込む、物悲しい、泣きそうな感じ、意欲減退、気分の浮き沈みがある、無力感
⑫自分のピークは過ぎたと感じる
⑬燃え尽きたと感じる、どん底状態にあると感じる
⑭あごひげの伸びが遅くなってきた
⑮性的活動、頻度が低下した
⑯朝立ちの回数が減少した
⑰性欲や性的衝動が減少した、セックスの喜びの低下、セックスの欲求の低下

(堀江重郎『うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい』より)
合計が26以下は正常、27~36は軽度の症状、 37~49は中等度の症状、 50以上は重症で医療機関への受診が必要となります。

 

3.生活習慣の見直し

男性の更年期障害を改善するため、 男性ホルモンの低下を防ぎ、 分泌を高める生活習慣にします。

そのポイントは、次の4つです。

①認められる
②運動をする
③十分な睡眠をとる
④ストレスをためない

3-1.認められる

テニスやゴルフなどのスポーツをする。
囲碁や将棋などのゲームをする。
仲間と競い合うことをします。

「奴は強い、奴はうまい」と、 競い合っている仲間に評価されることで、男性ホルモンが分泌され、 男性の更年期障害の改善が期待できます。

展覧会に作品を出展する。
楽器の演奏をする。
カラオケで歌う。

このような自分を表現することで 周りから認められることによっても、 男性ホルモンの分泌が高まります。

人と関わり評価される趣味を持つことが有効です。

 

3-2.運動をする

男性更年期障害の改善には、 テストステロンを上げることが大切です。

テストステロンを上げるのに最もお勧めなのが スポーツをすることです。

運動をして筋肉が刺激されると、 テストステロンが作られるからです。

運動の中でも、 テストステロンを最も分泌させるのは、 筋トレです。

少し息切れするような筋トレを行うと、 テストステロンの分泌が促されます。

ただし、 長すぎるトレーニングは逆効果です。

運動のし過ぎは、 テストステロンを消費してしまうからです。

腕立て伏せなどの筋トレを、少し息切れするくらい、 毎日10分程度行うのが理想です。

 

3-3.十分な睡眠をとる

テストステロンは夜作られます。

大事な時間帯は夜中の1時から3時です。

男性の更年期障害の改善には、 この時間にしっかり寝ていることが大事です。

男性ホルモンであるテストステロンは朝に高くなり、 夕方に低下するという特徴があります。

眠っている間に男性ホルモンが分泌されるためです。

不眠症などで十分な睡眠がとれなくなると、 男性ホルモンであるテストステロンの値が、 低いままになってしまうのです。

 

3-4.ストレスをためない

ストレスはテストステロンの大敵です。

過剰なストレスがかかると、精巣で男性ホルモンである テストステロンを作る能力が落ちてしまいます。

ストレスは男性の更年期障害の原因となります。

なるべくストレスのかからない生活を送りましょう。

しかしながら、 現代社会でストレスを完全に避けることは不可能です。

仕事、人間関係、自分の体調など、 誰もが多かれ少なかれストレスを抱えています。

ストレスを受けることを前提に、 なるべくリラックスすることを考えるのが現実的です。

リラックスとは、交感神経を鎮めて、 副交感神経を高めることです。

多くの人に有効なのが、入浴と睡眠です。

入浴はゆっくりと湯船につかり 1日の疲れをいやすことが大切です。

趣味に没頭するのも 大きなリラックス効果があります。

休日に遠出をして温泉につかる、趣味を楽しむなど、 自分なりのストレス解消法を持つことです。

 

 

 

 

4.治療

生活習慣を見直すだけで、 男性の更年期障害が改善できれば良いのですが、 難しい場合もあります。

この場合、泌尿器科やメンズヘルス外来を受診し、 医師の適切な処方を受けましょう。

医師と相談しながら、 サプリメントをとるのも効果的です。

 

4-1.男性ホルモン補充療法

男性ホルモンの値が著しく低く、更年期障害の症状が重い場合には、 男性ホルモン補充療法が有効です。

テストステロン製剤を2~4週間に1回注射します。

男性ホルモン補充療法は、 泌尿器科やメンズヘルス外来で受けることができます。

現在、日本で保険の適用が認められているのは、 注射によるテストステロン補充のみです。

80歳でエベレスト登頂を成し遂げた 三浦雄一郎さんも気力と体力を取り戻すため、 男性ホルモン補充療法を受けています。

ただし、男性ホルモン補充療法は、 一時的あるいは緊急避難的に行うものです。

治療と同時に生活習慣を改善することが大事です。

男性ホルモンであるテストステロンが高まるよう、食事と運動を見直し、 ストレスをなるべく避けることにより、 大体の人は3か月程度で改善します。

 

4-2.漢方療法

男性ホルモンの値がそれほど低くなく、 更年期障害の症状が軽い場合には、 次の漢方薬が有効です。

①補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
元気がない、疲れやすい、食が細い、手足がだるいといった、 男性に用いられます。

滋養強壮作用のあるニンジンやオウギ、 水分代謝を良くするソウジュツ、血行を良くするトウキ、 炎症を抑えるサイコなどが含まれています。

②八味地黄丸(はちみじおうがん)
名前のとおり、 八つの生薬を合わせた古くから使用されてきた漢方薬で、

老化、インテンポツ、足腰のむくみ、冷え、しびれ、 耳鳴りなどに効果があります。

加齢というのは細胞が酸化することであり、 一種の錆びです。

この錆びを取る作用が漢方薬はとても高いのです。

漢方薬は、長く飲まないと、 効いてこないというイメージがあると思います。

しかし即効性のあるものも存在します。

補中益気湯は、 1か月も経つとかなりの効果を実感できるといわれています。

漢方薬は、自分で判断して服用するのではなく、 漢方の専門医に病状等を相談してから飲むことが大事です。

 

4-3.サプリメント

次のサプリメントも 男性ホルモンであるテストステロンの維持につながります。

①亜鉛
亜鉛はテストステロンの生成量を増やします。

食事内容を変えず、 亜鉛サプリメントを取るだけで、 6週間でテストステロンの大幅に改善します。

反対に亜鉛を大幅に制限する食事にすると、 テストステロンが低下します。

②アミノ酸
アミノ酸もテストステロンの生成量の増加に貢献します。

アメリカの雑誌「メタボリズム」によると、 アミノ酸と激しい運動を組み合わせたところ、アミノ酸を与えられた人は、 テストステロンの大幅な上昇を示したと掲載されています。

③タマネギアイリン
東海大学の発表によると、玉ねぎに含まれるタマネギアイリンが、 テストステロンの低下を抑制する作用があります。

マウスを使った実験において、タマネギエキスを与えると、 血中テストステロン濃度が3.2倍に増加したと報告されています。

 

 

 

5.まとめ

男性の更年期障害が中高年の男性を悩ませているのは、 まだまだ働き盛りの年齢にもかかわらず、 突然気力をなくしたり、イライラしだしたり、 集中力が欠如しやすくなっていくからです。

現在の厳しい職場環境では、ダメ人間のレッテルを貼られ、 職場でも、家庭でも、孤立していくのです。

日本人は自分の努力や頑張りがたりないためだと、 自分を追い込みます。

多くの人は精神的に問題があるのではと考え 精神科に行きます。

しかし、抗うつ剤も効かず、 情緒不安定な日々が続きます。

やがて病院にも行かなくなり、 職場を休みます。

原因の分からない不安から深酒となり、家族に八つ当たりし、 挙句の果てに仕事を辞めたいといいだします。

このような負のスパイラスに陥ることだけは 避けるべきです。

男性にも更年期障害があるのです。

適切に対処すれば克服できるのです。

泌尿器科やメンズヘルス外来を受診し、 適切な処方を受ければ、
3か月程度で改善する方がほとんどです。

ハードな仕事が続くと、疲労はたまります。

休息を取ることで、ある程度は回復します。

しかし、 疲れが休んでも取れなくなったら、 男性の更年期障害を疑いましょう。

男性ホルモンであるテストステロンの値は、 簡単な血液検査でわかります。

特に体調が悪くなくても、 40歳からはテストステロンのチェックを受けることが お勧めです。

テストステロンの値は変動しますので、 毎年同じ時期に測定すると自分の平均値がわかります。
異常があればすぐ処方を受けることもできます。

中高年男性のトータルヘルスのため、 テストステロンをチェックすることは、 体調のバロメータとなるし、 うつ病などの精神疾患の早期発見にもつながります。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA