病気にならないための秘訣!今すぐできる免疫力の確認方法

妊娠_1~1

「免疫力の低下がすべての病気の原因」

このような事が言われるほど、 私たちの健康にとって、 免疫力は欠かせないものです。

私たちの住む日本は長寿大国と言われ、 WHOが2016年に発表しているデータでも、 日本の平均寿命は83.7歳で世界第1位です。

これは、日本が医療も環境も 恵まれているということかもしれません。

ただ、日本が長寿国だと言っても、 このようなデータはあくまで平均値です。

例えば、ガンで亡くなる有名人や、 新型インフルエンザをはじめとした、様々な病気の報道や健康番組が増えています。

これらを見聞きするたびに、 自分は大丈夫かと不安になるのではないでしょうか。

長生きできたとしても、健康でいられるかどうかが心配になります。

そこで、WHOの発表には、 健康寿命というものもあります。

健康寿命とは、 健康に問題がなく生活できる期間のことを言います。

2016年のデータでは、 日本の健康寿命は74.9歳となり、 こちらも世界第1位です。

これだけ見ると、日本人は健康で長生きですが、 平均寿命と健康寿命の差は8.8歳です。

およそ10年近く、何らかの病気を患い、毎日の生活に問題が起きているということです。

さらに近年、遺伝子研究や再生医療の進歩により、 こんな事も言われるようになりました。

「2045年までに平均寿命が100歳になる」 この先、数十年で、 今よりも寿命が20歳近く延びるというのです。

こんな時代に、 私たちがいつまでも健康でいられるためには、 何が必要なのでしょうか。

それが免疫力です。

免疫力の低下はガンの原因にもなります。

近年増加するアレルギーや新型のインフルエンザも、 この免疫力が重要になってきます。

そこで気になるのが、 あなたの免疫力は大丈夫なのか、という事だと思います。

そこで今回は、この免疫力を確認する方法をお伝えします。

免疫力は、あなたの体調や生活習慣から、 簡単に確認する事ができます。

いつまでも健康な生活を送るため、 そして、現在悩まされてる病気を解消するためにも、 ぜひ一度確認してみてください。

 

 

 

 

 

1.免疫力が低下した現代人

免疫力とは、 敵から体を守る働きのことをいいます。

敵と言うのは、例えば風邪です。

風邪の原因となるウイルスは、 200種類以上もあると言われています。

このウイルスの大きさは、 0.02~0.3マイクロメートルです。

1マイクロメートルは100万分の1メートルにあたるので、 ウイルスを肉眼で見ることはできませんが、 私たちの周りにはたくさん存在しているのです。

しかし、私たちには免疫力があるため、 このウイルスから身を守ってくれているのです。

さらに、驚かれるかもしれませんが、 私たちの体の中では、 毎日100万個ものガン細胞が発生しています。

しかし、これも免疫力があるおかげで、 ガン細胞でさえも退治することができ、 ガンを発症せずに済んでいるのです。

このように、私たちが病気にならず健康で過ごすためには、 免疫力は不可欠なものなのです。

もちろん、風邪やガンだけではなく、 その他の病気や体調不良から、私たちの身を守ってくれているのが免疫力です。

しかし、現代人の免疫力は低下していると言われます。

実際に、現在の死亡原因の第1位がガンです。

心臓病や脳梗塞などと比べても、 2倍から3倍の割合を占めています。

これほどガンによる死亡率が多い理由の1つが、 私たちが生きている現代は、 免疫力を下げるもので溢れてしまったからです。

例えば車や電車などの交通機関や、 エレベーターなどが整備され、 私たちは歩くことをしなくなりました。

こうした運動不足は、 免疫力を低下させる原因となります。

その他にも次のようなものが、 私たちの免疫力を低下させてしいます。

・食事の欧米化によるカロリーの過剰摂取

・テレビ、パソコン、スマホなどの普及

・24時間営業のコンビニやスーパー

・不規則な生活習慣や睡眠不足

・大気汚染や水質汚染

・食品添加物や保存料

・過酷な労働環境

現代は、このようなことが当たり前となったため、 私たちの免疫力が低下してしまったのです。

その結果、ガンをはじめとする、 様々な病気にかかりやすくなってしまいました。

 

 

 

2.免疫力と病気の関係

「免疫力が下がると病気になる」

このようなイメージは、 あなたも持たれているのではないかと思います。

ただし、なぜ免疫力が下がると、 病気になってしまうのでしょうか。

例えば、タバコは肺ガンの原因になるということは、 周知の事実だと思います。

しかし、こんなデータもあります。

日本における喫煙率は、 ピークだった昭和41年には83.7%だったのに対し、 平成28年では29.7%となっています。

およそ50 年間で、 喫煙率は50%以上も低下しているのです。

一方で、肺ガンの発生率は、 年々増加しています。

喫煙率は大きく下がっているにもかかわらず、 肺ガンになる人が増えているということです。

つまり、喫煙の有無に関わらず、 肺ガンになる人は数多くいるのです。

このようなことは肺ガンだけではありません。
食事や運動をして健康に気をつけていても、 突然、病気で亡くなってしまう人がいます。

そうかと思えば、 誰からみても不規則な生活をしているのに、 病気にならない人もいます。

なぜ、このような矛盾が起きてしまうのでしょうか。

その秘密が免疫力にあります。

 

 

 

3.免疫力アップが健康の秘訣

タバコを吸って肺ガンになる人もいれば、 喫煙したことがないのに肺ガンになる人もいます。

つまり、肺ガンになる理由は、 タバコを吸っていたからという、 単純なものではないことがわかります。

しかし、喫煙の有無にかかわらず、ガンになる人にはある共通点があります。

それは免疫力の低下です。

ほとんどのガン患者さんでは、 免疫力が低下していることがわかっています。

そして、免疫力を上げる治療を行うと、 ガン細胞が小さくなることもわかっています。

つまり、免疫力は、 ガンを治すほどの力も持っているとうことです。

これはガンだけではありません。

風邪を引いたときに、 なぜ熱が出るのか知っているでしょうか。

その理由は、 体温を上げると免疫力が高まるからです。

自ら免疫力を高めて、 風邪のウイルスを退治するために熱が出るのです。

このように、 私たちが病気で苦しくツラい思いをしないためには、 免疫力をアップさせることが、重要だということがわかります。

 

 

 

4.今すぐできる!免疫力の確認方法

私たちが健康に過ごすためには、 免疫力が重要になります。

そこで、あなたの免疫力を確認してみましょう。

4-1.健康状態を確認する

まずは簡単にできる方法で、 あなたの免疫力を確認してみましょう。

その1つが、 健康状態から免疫力を確認する方法です。

体温
体温が1℃下がると、 免疫力が30%も低下するといわれるように、 低体温は免疫力低下のサインです。

自宅の体温計を使い、 脇の下で測った体温が35℃台の場合には、 免疫力が低下している可能性があります。

免疫力が活発に働いている場合には、 36.2℃から36.5℃になります。

顔色
免疫力を発揮する細胞は、 血液の中を流れています。

つまり、血行が悪いと免疫力が低下するのです。

血行が良いのか悪いのかは、 顔色を見ればわかります。

・顔色が暗くどんよりして見える

・青ざめて見える

・唇の色がプールから上がった後のように紫色になっている

・目にクマができている

・結膜が青白くなっている

(結膜はあっかんべーをした時に見える眼球の下の部分です)

このような場合には、血行不良が考えられ、 免疫力が低下している可能性があります。

便の状態
普段、自分の便の色や形を気にすることはないかもしれませんが、 免疫力を確認する大切な指標になります。

腸内環境が悪いと免疫力が低下してしまうのです。

トイレに流してしまう前に、 一度、次のようなことがないか確認しましょう。

・便の色が真っ黒だったり赤茶色や白っぽい

・臭いがきつい

・下痢や便秘が続く

このような場合には、 免疫力の低下が考えられます。

通常、便は臭いものだと思われていますが、 腸内環境が整っている健康な便は、無臭だと言われます。

多少の酸っぱい臭い程度ではなく、 悪臭や鼻につくような臭いの場合には、注意が必要です。

脈拍
成人の安静時の脈拍数は、 1分間に60〜90回です。

脈拍を自分で測る時は、 片方の手首を上に向け、 反対の手の人差し指、中指、薬指で血管を触ります。

親指で測る人がいますが、 一本の指だと間違えやすいので、 3本の指を使って測りましょう。

安静時の脈拍が1分間に90回を越えるような場合には、 免疫力が低下していることがあります。

 

4-2.食生活の乱れを確認する

忙しい毎日を過ごしていると、 外食や冷凍食品、インスタント食品はとても便利です。

コンビニやスーパーも24時間空いているので、 いつでも手軽に購入することができます。

しかし、このような食生活は、 免疫力を低下させて病気の原因にもなります。

健康のために正しい食生活が欠かせないことは、 あなたも知っていると思います。

例えば、免疫細胞は主にタンパク質から作られ、 食事で摂取した栄養を元にしています。

つまり、栄養が偏っていては、 免疫細胞が作れず免疫力が低下してしまいます。

さらに、栄養を吸収する腸内の環境が、 免疫力の70%を決定するとも言われます。

しかし、食品添加物や保存料などは、 この腸内環境を悪くしてしまうのです。

あなたは免疫力を下げてしまうような、 食生活を送っていないでしょうか。

次の項目のうち、当てはまるものが多いほど、 免疫力が低下している可能性があります。

・外食やコンビニ弁当、インスタント食品をよく食べる

・食事の時間が不規則

・食事内容が偏っている

・揚げ物やスナック菓子、ケーキや甘いものをよく食べる

・飲酒量が多い

 

 

4-3.生活習慣を確認する

「早起きは三文の徳」

こんなことわざがありますが、 これは免疫力にも当てはまります。

例えば、朝日を浴びることは、 脳内で睡眠に関わるメラトニンというホルモンや、 うつ病とも関係の深い、 セロトニンのバランスを整える効果があります。

これらは、体を休息状態から、活動モードに切り替えるような働きをしています。

しかし、不規則な生活をしていると、 このような体のオンとオフのバランスが崩れてしまいます。

専門的に言えば、 このような健康バランスが崩れた状態を、 自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)といいます。

この自律神経は、免疫力に大きく関係しています。

次のような生活習慣がある場合には、 自律神経を乱し、 免疫力が低下している可能性があります。

・タバコを吸う

・入浴はシャワーだけで湯船に入らない

・寝つきが悪く睡眠不足

・しっかり寝ても疲れがとれない

・運動の習慣がない

 

 

4-4.ストレスを確認する

厚生労働省の調査によると、 日々ストレスを感じている人は46.5%だと言います。

また、別の調査では、 70%以上の人がストレスを感じているという結果もあります。

数字にはバラツキがありますが、 ストレス社会という言葉があるように、 私たちは日々ストレスを感じている事は確かです。

仕事や家庭、人間関係や経済状況など、 様々なストレスが降りかかってきます。

このようなストレスは、 私たちの心や精神的な負担になるだけではなく、 免疫力を低下させ、 様々な病気の原因になる事もわかっています。

私たちはストレスを察知すると、 脳からストレスホルモンと言われる危険信号が出されます。

このストレスホルモンによって、 危険から身を守るための準備をします。

例えば、心拍数を上げて、 いつでも危険を回避できるような臨戦態勢に入ります。

しかし、ストレスが積み重なると、 このストレスホルモンが過剰になってしまいます。

その中でも、コルチゾールと呼ばれるものが増えると、 免疫機能を低下させてしまうことが、 明らかになっているのです。

このように、本来は身を守るための仕組みが、 過剰なストレスにより、 自らの免疫力をも低下させてしまうのです。

次のようなことがみられる場合には、 ストレスからくる免疫力の低下が考えられます。

・やる気や意欲が出ない

・職場や家庭でストレスが多い

・人間関係や経済状況に悩んでいる

・趣味もなく外出することも少ない

・スマートフォンやパソコン、テレビを何時間も見ている

 

 

 

5.病院でわかる免疫力の確認方法

ここまでお伝えしたように、 健康状態や生活習慣、ストレスなどは、 免疫力を確認する上で重要なものです。

今だけではなく、これから先も、 あなたが病気にならず健康で過ごすために大切なものです。

ただし、これらは抽象的なものなので、 判断に迷うことがあると思います。

「外食をするけど1ヶ月に2,3回。 これは多いの?少ないの?」

「顔が青白い気がするけど、 どこからが異常なの?」

「ストレスはみんな感じているんじゃないの?」

このような疑問があるのではないでしょうか。

そんな時は、免疫力を数値化して、 具体的に確認することができる、 免疫力測定検査があります。

5-1.免疫力測定検査とは

免疫力測定検査とは、 採血した血液から免疫力を判定するものです。

免疫力を詳しく見てみると、 血液中に含まれる白血球(はっけっきゅう)が、 その主な役割を果たしています。

免疫力とは体を守る仕組みの総称のことで、 その機能を果たしているのが白血球ということです。

さらにこの白血球は、 マクロファージ、リンパ球、顆粒球(かりゅうきゅう) の3つに分類されます。

それぞれ役割があるのですが、その中でも免疫力の中心となるのがリンパ球です。

免疫力測定検査では、 このリンパ球を調べて免疫力を測定します。

この検査を受けるために必要なことは、 病院で採血してもらうだけです。

その血液を検査に出すと、 免疫力を5段階のグレードで判定され、
具体的に確認することができます。

 

 

5-2.免疫力測定検査が受けられる病院

この検査は、東京医科歯科大学で開発されたもので、 こちらと提携している病院で検査を受けることができます。

下のホームページから確認できます。

http://www.h-ls.jp/tieup17.html株式会社健康ライフサイエンス)

この検査は保険がきかないため、各病院によって料金が異なっていますが、 およそ10,000円から20,000円となっています。

検査を希望される場合には、 最寄りの病院へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

6.まとめ

免疫力とは、私たちが病気にならず、 健康な体で過ごすために、 なくてはならないものです。

驚くことに、私たちの体の中では、 毎日100万個ものガン細胞が発生しています。

しかし、免疫力が働くことで、 このガン細胞でさえも退治しているのです。

そこで今回は、 この免疫力を今すぐ確認できるセルフチェックと、 病院で受けられる検査方法について詳しくお伝えしました。

そして、もし免疫力が低下しているとわかっても安心してください。

今からでも取り組むことができる、 免疫力をアップさせる方法があります。

こちらは別記事で詳しくご紹介しているので、 以下の「合わせて読みたい」記事からご覧ください。

今回の記事が、 あなたの健康な生活を手に入れるための、 お役に立てれば幸いです。

 

 

 


合わせて読みたい


運動不足で免疫力低下!?免疫力を強化する3つの超簡単運動

薬を飲むと免疫力低下?!免疫力を強化する3つの方法

子どもの風邪予防に役立つ免疫力を高める7つの食べ物とは?

自分でまるわかり!慢性疲労症候群の診断症状とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA