肩こり予防に役立つ、机と椅子とパソコンの関係とは?!

StartupStockPhotos / Pixabay

日常生活でパソコンは、 私たちの生活に欠かせないものとなりつつあります。

仕事だけでなく趣味でも パソコンを使う機会が多くなりました。

しかし、それに伴って、パソコンの使用による 肩こりで悩む方が増えています。

パソコンを使うときには、デスクに向かうことが多いと思いますが、 肩こりには姿勢が大きく関係しています。

そして、正しい姿勢でデスクワークするためには、 椅子が大きな役割を果たしています。

ここでは、 肩こりと椅子の関係についてみていきます。

 

 

 

1.デスクワークと肩こりの関係

肩こりは、筋肉の疲れや緊張によって、 血液の流れが悪くなることで起こります。

特に、このような血流が悪くなって、 肩こりの状態になりやすいのが、 パソコンを使っている時です。

なぜ、パソコンを使っていると、 肩こりが起こりやすいのでしょうか。

 

1-1.パソコンを使う時は姿勢が悪くなりがち

肩こりになる人の多くは、 使用中の姿勢に問題があります。

机や椅子の位置・ディスプレイの高さや位置が適切に調整されていないと、 どうしても前かがみで、猫背になりがちです。

これによって、首から肩・背中にかけての筋肉に大きな負担がかかり、 血流が悪くなって、肩こりが発生しやすくなります。

 

1-2.同じ姿勢での長時間作業が肩こりを引き起こす

同じ姿勢での長時間作業も肩こりを引き起こす原因になります。

集中して作業をしている時は、 どうしても同じ姿勢をとり続けることが多くなってしまいます。

長時間同じ姿勢を続けていると、 肩や首の筋肉が硬直し、血行不良となります。

その結果、肩こりが発生してしまいます。

 

1-3.目の疲れも肩こりの原因になる

長時間ディスプレイを凝視することで起こる 眼精疲労も肩こりの原因となります。

これは、目の疲れによる不快感がストレスとなり、 自律神経の働きが乱れるからです。

自律神経の不調は体に様々な影響を与え、その一つとして血行不良になります。

つまり、眼精疲労が血行不良を起こし、 これによって肩こりが引き起こされてしまうことになるのです。

パソコンの前で一生懸命仕事をしていて、 ふと気がついたら前かがみになっていた、 猫背で姿勢が悪くなっていることに気づくことがあるかもしれません。

猫背の姿勢は、頭の重みを支えている背骨にとって、 非常に負担の掛かる姿勢となり、猫背のままの体勢を続けていると、 背骨だけで支えきれなくなった負担を肩やその周辺の筋肉に頼ることになります。

これが肩周辺の血行を悪くしてしまいます。

猫背になりやすい人は、こんな人です。

・パソコンに向かっている時間が長い人
・ノートPCをメインに使う人
・視力が悪いのにメガネを掛けずにパソコンを使っている人

 

 

 

2.姿勢をよくするためにできること

でも、 「姿勢をよくすれば肩こりは軽減されたり、よくなるので、姿勢をよくしましょう!」と言われても、 なかなか意識し続けていないと、姿勢をよくすることは難しいですよね。

姿勢をよくするためのポイントについて考えてみましょう。

姿勢をよくするためのポイントは、 机・椅子・パソコンの高さの調整です。

ある肩こりで悩んでいた人は、 この机・椅子・パソコンの高さについて、 次の点を意識して改善したところ、肩こりが改善されていったそうです。

肩こり予防のために机・椅子・パソコンで意識するポイント

・物を書いたり、キーボードを押したりするときに、肘が直角になるようにする
・パソコンのモニターの高さを目線に合わせる
・椅子の下にフットレストを置く
・姿勢をよくすることを意識する

机の高さは変えられない場合が多いと思いますので、
椅子の高さを調整しましょう。

椅子が調整できるものであれば問題ありませんが、 調整できないものであれば、 座布団などで調整するとよいでしょう。

パソコンのモニターは目の高さに合わせるとよいので、 モニターの下に3センチくらいの高さの箱や本などを置いて、 高く調整するのも効果的です。

そして、なるべく姿勢をよくすることを意識しましょう。

先ほど紹介した肩こりで悩んでいた人は、 日々、机・椅子・パソコンのベストポジションを見つけるために微調整を繰り返し、 足元にはフットレスト、机の上にはアームレストを買ってきて、 徹底的に自分仕様のワークスペースを作り上げたそうです。

アームレストは小さいものをいくつか用意して、作業に合わせて変えると有効的なようです。

例えば、文字を打つとき、テンキーがメインのとき、マウス操作のとき・・・と、 そのときの主体動作にあわせて変えていくと、効果的だったとのことです。

 

 

 

 

3.肩こりを避ける椅子とは?

肩こりがひどい人は、肩への負担を軽減できることや、 良い姿勢を保つことができるという観点から椅子を選ぶことが大切です。

では、どのような椅子を選べばよいのでしょうか。

以下の条件に当てはまる椅子は、 肩こりを軽減してくれるそうです。

・ 背もたれはハイバック
・ 調整機能付きアームレスト(肘置き)
・ 可動ヘッドレスト

椅子は、値段がとってもお手軽なものから、 高価なものまで、さまざまなものがあります。

基本的に10万円を超えるような高級オフィスチェアは、 どれも「肩こり」を最大限軽減できる造りになっています。

例えば、高価な椅子には背中まで伸びた大きな背もたれがありますが、 この背もたれは、本来、肩だけに掛かる負担を体全体で分散することができます。

アームレスト(肘置き)は、 肩に掛かる腕の重さをカバーしてくれます。

ヘッドレスは、首を支え、肩に掛かる頭の重さをカバーしてくれ、 いずれも肩への負担を大きく減らすことができます。

しかし、高価な椅子でなければダメかというと、 中には、一万円程度の安いオフィスチェアでも、 これらの装備を備えたオフィスチェアを見つけることができます。

先ほど紹介した条件に合う椅子を探すこともできるでしょう。

では、安いオフィスチェアと高級オフィスチェア、 その違いはどんな点なのでしょうか。

その大きな違いは、調整機能です。

オフィスチェアを、使う人の体に合った 微調整ができるかが非常に重要となります。

安いオフィスチェアに、 この微調整機能はついていません。

背もたれの角度・アームレスト、ヘッドレストの高さ、 これらを自分の体ぴったりの微調整できるのは、 やはり高価な椅子になります。

 

 

 

 

4.肩こりは解消よりも予防を重視する

肩がつらくなってから、あわてて肩こり対策を行ったとしても、 一時的な対処とはなりますが、根本的な解決にはなりません。

肩こりの根本的解決には、 肩こりにならない習慣を身につけることが大切です。

身体にあった椅子を選ぶことの他にも、 次のことを意識することで、 肩こり対策を行うことができます。

 

4-1.机・イスの高さやパソコンの位置を見直す

4-1-1.イスの高さ

イスに深く腰掛けた際、足の裏が床につき、 足首・ひざ・股関節が90度になる高さに調節します。

イスの高さが調節できない場合は、 足の下に台を置いて調節しましょう。

 

4-1-2.机の高さ

イスに深く腰掛け、リラックスしてキーボード・マウスに手を置いた際に、 肘の角度が90度になるように調節します。

 

4-1-3.ディスプレイの高さと位置

目の位置から50センチほど離し、 ディスプレイの上端が、 目線の高さと同じか少し下になるように調節します。

 

4-1-4.キーボードの位置

「H」と「J」キーがディスプレイの中央に来るように配置します。

画面の正面に身体をもってくるように調節することで、 自然と背筋が伸び、姿勢の悪さによる肩こりを予防できます。

 

4-2.こまめに休憩を取る

パソコンを使う時は、こまめに休憩を取りましょう。

長時間のパソコン使用は、 眼精疲労や筋肉の硬直を招き、肩こりを引き起こします。

目安としては、1時間に10分〜15分程度休憩をとり、 遠くの景色を見るなどして目を休めるようにするとよいでしょう。

 

4-3.ディスプレイの明るさを変える

パソコンを使用する時のディスプレイの明るさも 肩こりに大きく関係しています。

ディスプレイの明るさと部屋の明るさが合っていないと、 目が疲れやすくなってしまいます。

一般的に購入時のディスプレイは明るすぎる設定になっているため、室内と画面の明るさが同じくらいになるよう調節します。

また、ディスプレイに照明の光が反射する場合は、 パソコンや照明の場所を変えたり、 反射を防ぐフィルムを貼るなどして対応するとよいでしょう。

 

 

 

 

5.まとめ

パソコンを使うときには、デスクに向かうことが多いと思いますが、 肩こりには姿勢が大きく関係しています。

正しい姿勢でデスクワークするためには、 椅子が大きな役割を果たしています。

肩こりと椅子の関係についてみてきました。

肩こりにならないための一番のポイントは、 正しい姿勢で作業できる環境作りです。

肩こりで悩んでいる人は、まず普段パソコンを使っている時の 机・イスの高さを見直してみてください。

また、パソコンを使う際に気をつけておきたい 肩こり予防のポイントをあげてみました。

できるところから試してみてください。

 

 

 

 


あわせて読みたい


肩こりと首こりを見分ける4つのポイントとは?

なぜこんなに肩が重いのか、つらい肩こりの4つの原因とは

治らない肩こりは血栓が原因?!ある病気に隠れた肩こりとは

冷え性にはビタミンE!多く含む3つの食材とオススメの食べ方

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA